所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 寛永寺寺領を新政府軍に奪われた慶喜の忠臣渋澤にとって、渋澤庭園の整備と自邸 「曖依村荘」の建設は、新政府に対するリベンジだったのではないか。 | トップページ | この町の抱える歴史と富は、まるでヨーロッパの古い都市のように、分厚く、深い。 ぼくは水景の美しいイタリアのベネチアを思い出してしまった。 »

2014年2月 8日 (土)

思いつきで調べ始めた吉野作造と西村伊作という 大正デモクラシーを代表する二人の人物の繋がりを、 こんなところで発見した喜びは大きくて深い。

先日は女性建築家のはしり土浦信子のことを書いたけど、このところ大正時代の住宅設計が気になって、いろいろ調べていたら、とうとう西村伊作にたどりついた。
以前、永井荷風について調べていた時に、出会った名著持田叙子の『荷風へようこそ』で、西村伊作の仕事が詳しく紹介されていたので、気になる存在ではあった。

吉野作造や高田保を経由して、改めて西村伊作という人物を見つめ直すと、ウィリアム・モリスの影響を感じて、俄然興味がわいてしまったのだ。

今週は『荷風へようこそ』でも引用されていた、この本を読了。

建築史家田中修司さんの労作で、得るものの多い好著。

和歌山県新宮市の自宅は現在「西村記念館」となって、町の人々に愛されている。

西村記念館を守り伝える会

さらにもっと知りたくて、西村伊作周辺を調べていたら、伊作は「文化生活」という大正時代の雑誌の重要な執筆者の一人だということを知った。

有島武郎と森本厚吉と吉野作造が作った雑誌で、大正デモクラシーの理想を暮らしの側面から追求した雑誌である。不二出版という会社から復刻版の全集が出ている。

復刻版:文化生活

「文化生活」って、封建的な家制度から脱却しつつあった新しいサラリーマン階層の

暮らし方の理論と実践雑誌。文化アパートメントなんて集合住宅まで建ててしまった。

現在の無印良品とも通底したセンスを感じる。

「文化生活」の発見で、十数年前に長谷川堯『都市廻廊』を読み感銘をうけてから、ずっと探していた大正文化の地下水脈をとうとう見つけた実感がある。

とにかく執筆陣がすごい。解説、総索引を見てみる。

上記の3人の他、安部磯雄、内村鑑三、沖野岩三郎、賀川豊彦、片山哲、佐野利器、

末広巌太郎、田中耕太郎、中条百合子、徳富健次郎、富本憲吉、夏目漱石、西村伊作、

波多野精一、ワルト・ホイットマン、穂積重遠、三宅雪嶺、武者小路実篤、矢内原忠雄、

柳兼子、柳宗悦、与謝野晶子、吉田謙吉、若山牧水、和辻哲郎。

僕が名前を知らないだけで、知る人ぞ知る大御所がまだまだ、書いてるのかもしれない。

それにしても、思いつきで調べ始めた吉野作造と西村伊作という

大正デモクラシーを代表する二人の人物の繋がりを、

こんなところで発見した喜びは大きくて深い。

ぼくたちの現在の暮らし方は、ここから始まっている。

先週紹介した『ビッグ・リトル・ノブ』の著者小川信子さんも、「戦後の家庭生活 民主主義化のルーツを見る」と題して、推薦文を書いている。

「文化生活」の創刊から90余年が経過した。

その長い年月の間に、ぼくたちが失ったモノ、得たモノをこれから検証して行きたい。

雪が降り続く週末、こんな曲があったことを思い出した。

よく聴いた今井美樹ではなく、シンプルで美しい柿原朱美のオリジナルバージョンで。

こっちの方が、「文化生活」のテイストに近いかもしれないね。

« 寛永寺寺領を新政府軍に奪われた慶喜の忠臣渋澤にとって、渋澤庭園の整備と自邸 「曖依村荘」の建設は、新政府に対するリベンジだったのではないか。 | トップページ | この町の抱える歴史と富は、まるでヨーロッパの古い都市のように、分厚く、深い。 ぼくは水景の美しいイタリアのベネチアを思い出してしまった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353509/54913524

この記事へのトラックバック一覧です: 思いつきで調べ始めた吉野作造と西村伊作という 大正デモクラシーを代表する二人の人物の繋がりを、 こんなところで発見した喜びは大きくて深い。:

« 寛永寺寺領を新政府軍に奪われた慶喜の忠臣渋澤にとって、渋澤庭園の整備と自邸 「曖依村荘」の建設は、新政府に対するリベンジだったのではないか。 | トップページ | この町の抱える歴史と富は、まるでヨーロッパの古い都市のように、分厚く、深い。 ぼくは水景の美しいイタリアのベネチアを思い出してしまった。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31