所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 日本の住宅の歴史について、あれこれ調べたくなって、読書熱に火がついてしまった。 例えば、女性で初めて建築家になったのは誰だろうとか。 | トップページ | 寛永寺寺領を新政府軍に奪われた慶喜の忠臣渋澤にとって、渋澤庭園の整備と自邸 「曖依村荘」の建設は、新政府に対するリベンジだったのではないか。 »

2014年2月 1日 (土)

我が世の春を謳歌する与党が推薦する候補を支持しない「お前はバカだ」って言ってるんだろうなと。だったら、オレ、一生バカのままでいいや。

昨年の7月21日の選挙結果に茫然自失となり、日本の行く末に目の前が真っ暗になって、しばらく立ち直れず、それでもなんとか、古里を再発見して、心の拠り所を得たつもりだったから、このブログでは特定の政治問題について書かないようにしていた。
祖父の代から自民党支持で、保守主義者のど真ん中にいるつもりだったのに、ステージが勝手に右寄りにずれてしまい、ぽつんと取り残された気分で、孤独感を噛みしめていた。
ふだんは地味にもの作りをするメーカーで仕事をしている。
政治家達のヒートアップとは、別次元の世界にいる。
会社員のぼくにとっては、韓国人も中国人もおなじ企業グループに所属し、志を共有する仲間である。もちろん個人的に、酒を酌み交わすこともある。
そんな彼らを一括りにして、中韓だ、反日だなどとレッテルを貼り、憎しみを煽るような、マスメディアや政治家たちを許せないと思いつつ、この数年間なすすべもなく歯ぎしりしながら見てきた。
いまの日本には、柳宗悦のように、石橋湛山のように、熱狂から遠いところで、アジアの問題を考えられる高潔な品性の人物はいないのだと、絶望し、途方に暮れていた。

ところが、都知事選への出馬宣言の夜、YouTubeで細川護煕さんが語る姿を見て、この人は本気だと思った。

久しぶりに、柳宗悦や石橋湛山と同じ匂いをもった日本人を発見したと感じた。

そこで、もう政治のことを語るのはやめにしようって、心に固く誓ったのに、このブログで応援することにした。

今の国の目指している方向、その進め方になにかと危ういものを感じているからです。憲法でも、安全保障でも、近隣諸国との関係でも懸念していることがいくつかあります。
 経済についても安倍さんは頑張っておられるが、現在の1億3千万人の人口が50年後には9千万人に、100年後には江戸時代に近い3分の1の4千万人にまで減ると予測されるこれからの時代に、いままでのような大量生産、大量消費の経済成長至上主義ではやっていけないのではないか。腹一杯ではなく、腹7分目の豊かさでよしとする抑制的なアプローチ、心豊かな幸せを感じとれる、そういう社会を目指して成熟社会へのパラダイムの転換を図っていくことが求められているのだと思います。
 これは世界でも恐らく初めての歴史的実験になるかもしれませんが、世界が生き延びていくためには、豊かな国がその生活のスタイルを多消費型から共存型へと変えていくしかありません。成長がすべてを解決するという傲慢な資本主義から幸せは生まれないということを我々はもっと謙虚に学ぶべきだと思います。

(中略)

私は首都東京の景観にも強い関心をもっています。防災上の観点からも情緒溢れる水と緑の回廊を実現したいと思いますし、日本橋の上の首都高㏿を排除したり、可能な路面電車の復活も考えてみたいと思っています。
 今、世界は文明史の折り返し点に立っています。環境や資源の有限性の壁に直面して、経済や生活の転換が迫られているのです。福島原発事故は、転換に着手しないわれわれへの緊急警報ではないでしょうか。

このような話を静かに、しかし毅然と語る映像をパソコンで見て、夜、一人で泣いた。

数日後、ある知人から「細川を応援するお前はバカだ」と罵倒された。

誰を応援すれば、バカじゃないのか、最後まで彼は語らなかったけどね。

でもオレは感じたよ。

我が世の春を謳歌する与党が推薦する候補を支持しない「お前はバカだ」って言ってるんだろうなと。

だったら、オレ、一生バカのままでいいや。

« 日本の住宅の歴史について、あれこれ調べたくなって、読書熱に火がついてしまった。 例えば、女性で初めて建築家になったのは誰だろうとか。 | トップページ | 寛永寺寺領を新政府軍に奪われた慶喜の忠臣渋澤にとって、渋澤庭園の整備と自邸 「曖依村荘」の建設は、新政府に対するリベンジだったのではないか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353509/54824608

この記事へのトラックバック一覧です: 我が世の春を謳歌する与党が推薦する候補を支持しない「お前はバカだ」って言ってるんだろうなと。だったら、オレ、一生バカのままでいいや。:

« 日本の住宅の歴史について、あれこれ調べたくなって、読書熱に火がついてしまった。 例えば、女性で初めて建築家になったのは誰だろうとか。 | トップページ | 寛永寺寺領を新政府軍に奪われた慶喜の忠臣渋澤にとって、渋澤庭園の整備と自邸 「曖依村荘」の建設は、新政府に対するリベンジだったのではないか。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31