所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 現在では忘れられた作家だが、大正という時代背景だからこそ生まれた、偉大ではないかもしれないけれど、興味深い高田保という人物を、少しずつこのブログでも紹介していきたいと考えている。 | トップページ | 田嶋さんのお仕事は、派手さはないけれど、謙虚で誠実なお人柄そのままに、 地道な活動を長い年月続けていることに、心から敬服している。 »

2014年1月13日 (月)

まずは今年、小さいことから始めてみよう。

昨日は、ちょうど2年ぶりに流山市立博物館友の会の行事・新年会に参加した。
個人的な事情がいろいろあって、「新葛飾土産」というこのブログも羊頭狗肉の状況で、
車寅次郎よろしく、東京から茨城や栃木まで、あちこちふらついているのだが、
久しぶりに本拠地に帰ってみた。
この2年間で成長したのか、老化して、退化したのか、どっちかわからないけれど、以前とは風景が違って見えたことも事実。
例えば、それは自分の作品や研究成果を発表したいという、自分ひとりだけの表現欲求よりも、チームの力で、何か新しいモノを作り上げたいって、気持ちがわいてきているってこと。
会社の仕事と違い、利害関係のないメンバーでチームを作るのは、なかなか難しい。
理念とテイストも共有している上に、さらにプラスアルファがないと、発火しない。

たとえ発火しても、そこから継続するために薪を焼べ続けなければ、すぐにメンバーの心は離れて、火が消えてしまう。

36年も続いているこの団体は、やはりすごい。

凡才ゆえ、たくさん失敗して、やっとそういうことが分かってきた。

まずは今年、小さいことから始めてみよう。

小さな企画を積み重ねて、ゆっくりと仲間作りしたいね。

さあ、そろそろ、仕事に取りかかろう。

« 現在では忘れられた作家だが、大正という時代背景だからこそ生まれた、偉大ではないかもしれないけれど、興味深い高田保という人物を、少しずつこのブログでも紹介していきたいと考えている。 | トップページ | 田嶋さんのお仕事は、派手さはないけれど、謙虚で誠実なお人柄そのままに、 地道な活動を長い年月続けていることに、心から敬服している。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353509/54590877

この記事へのトラックバック一覧です: まずは今年、小さいことから始めてみよう。:

« 現在では忘れられた作家だが、大正という時代背景だからこそ生まれた、偉大ではないかもしれないけれど、興味深い高田保という人物を、少しずつこのブログでも紹介していきたいと考えている。 | トップページ | 田嶋さんのお仕事は、派手さはないけれど、謙虚で誠実なお人柄そのままに、 地道な活動を長い年月続けていることに、心から敬服している。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31