交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 材木を切るのに1㎜以下の狂いも許せず、キリキリしていた過去がウソのようで、 野田知佑ばりに「のんびり行こうぜ」って余裕で言える自分を発見して、 何か不思議な気持ちになった。 | トップページ | 那須高原の「蔵楽」は,うちの近所にこんな店があったら、毎週通いたいようないい店だった。 »

2013年11月23日 (土)

そんな懐かしい風景を見ながら、『未来のための江戸学』という本で、田中優子が書いたように、ぼくも「まだ間に合う」と思った。

7,8年前に買ったことのある『和暦日々是好日』という手帖の2014年版が出たので、買ってみた。
編集している高月美樹さんとFB友達になったこともあり、この風変わりな手帖が急に身近に感じられるようになった。
ビジネスのスケジュールを記録するにはまったく不向きな風変わりな手帖。

けれども、注意深く季節の変化を感じながら、丁寧に暮らしたい人には、大きな実りをもたらす手帖でもある。

俳句を作るような風流な趣味を持たないので、この本で初めて知ったのだが、「季寄せ」という言葉がある。

俳諧で、季語を集めて分類・整理したもの。歳時記の簡略なもの。だという。

高月さんは「はじめに」の中で、このように書く。

季寄せは常に自然と一体になることを「美」と感じてきた日本人の価値観が、凝縮されたものです。森羅万象に畏敬の念を抱き、万物に神が宿ると考えた「八百万神」と表裏一体をなすものといえるでしょう。

先月、先祖代々の家がある美浦村に行った。

すると、明治30年代生まれの祖父が元気だった頃、彼は霞ヶ浦やその周辺の里山の豊かな自然の恵みを受けて、日々の暮らしを営んでいたことを思い出した。

そして、そんな懐かしい風景を見ながら、『未来のための江戸学』という本で、田中優子が書いたように、ぼくも「まだ間に合う」と思った。

江戸時代が持っていた価値観は、過去のものではない。「まだ間に合う」とは、そういう意味である。地方であろうが、都心であろうが、私たちが忘れたかのように思っているものが、人々のかかわりの襞の中に、今でも息づいているのである。

メディアを通じて、大文字で語られる政治とか経済とか宗教とか、そんな表層的なものではない。

欧米的なフリードマン流の経済至上主義、成長至上主義といった「怪物」が猛威を振るっているように見えるけど、怪物の足元では、日本人の心の奥底に地下水脈のように流れている江戸伝来の「暮らしの美意識」が「怪物」に一泡吹かせてやろうと、日本各地で立ち上がっている。

それは静かだけど、大きなうねりで、誰も止められない確かな変革のような気がして…。

もう晩秋だけど、今日は穏やかな小春日和だった。

こんな日には、地味だけど心地よいPOCOの「インディアン・サマー」

« 材木を切るのに1㎜以下の狂いも許せず、キリキリしていた過去がウソのようで、 野田知佑ばりに「のんびり行こうぜ」って余裕で言える自分を発見して、 何か不思議な気持ちになった。 | トップページ | 那須高原の「蔵楽」は,うちの近所にこんな店があったら、毎週通いたいようないい店だった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 材木を切るのに1㎜以下の狂いも許せず、キリキリしていた過去がウソのようで、 野田知佑ばりに「のんびり行こうぜ」って余裕で言える自分を発見して、 何か不思議な気持ちになった。 | トップページ | 那須高原の「蔵楽」は,うちの近所にこんな店があったら、毎週通いたいようないい店だった。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31