交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月26日 (土)

筑波科学博の時に作られた、首都高そっくりな高架道路が町を覆っている土浦という町が、大正時代までの水景を取り戻すことなど、夢のまた夢だなんて分かっている。 でも、夢を見る権利ぐらいあるでしょう。

古い町の中心部を川が通っている風景が大好きで、そんな場所に行くと、ついカメラを向けてしまう。

Dsc001861

Dsc001841

200812116

上二枚は松戸宿の坂川沿いで、一番下は佐原の小野川沿い、伊能忠敬旧宅付近の景色だ。

江戸と舟運で繋がっていた古い町を見ていると、江戸の面影を感じる。

江戸は東洋のベニスと言われたこともあるという。

こんな美しい水景が東京では、1964年のオリンピック開催時にトドメを刺された。

003

006

上の二枚は総武線の飯田橋駅と水道橋駅の間、神田川と日本橋川の分岐点で撮影した。

神田川は江戸期に入って、開削工事が行われる以前、東京湾に直接注いでいた。

その時代の名残をとどめる日本橋川の上には、美しくも何ともない首都高速道路が走る。

舟運を捨て、自動車立国を選択した日本人の思考が、ここに象徴的に現れている。

先日も紹介した佐賀純一さんの『絵と伝聞 土浦の里』を見ていると、「大正中期までの土浦町全体図」というイラストが載っている。

そのイラストを眺めていると、堀割や川が町の中を流れていて、ぼくの心の中に大正時代の美しい水景が立ち上がる。

そして、芸者さんの証言で、昔は佐原と土浦は、霞ヶ浦をはさんだ東と西に位置し、どちらも大いに栄え、船やバス、そして鉄道でも、人や物の交流があった関係の深い町だと語られる。

佐原では、こうしていまも水景が残り、多くの観光客を惹きつけている。

だったら、土浦の川口川が残っていても、よかったのに。

筑波科学博の時に作られた、首都高そっくりな高架道路が町を覆っている土浦という町が、大正時代までの水景を取り戻すことなど、夢のまた夢だなんて分かっている。

でも、夢を見る権利ぐらいあるでしょう。メンデルスゾーンの「ベニスの舟歌」でも聴きながら…。

 

2013年10月25日 (金)

ぼくは、強い日本よりも、しなやかで、賢い日本で暮らしたい。 21世紀の日本社会が時代の波に、押し流されてしまわないように、先見の明をもった 為政者の登場を期待している。 物わかりのいい爺さんになるのは、もう少し先延ばしにしよう。

会社を休んで、午後から家でぼうっと、物思いにふけると、

いろいろなことが脳裏を去来して、頭の中が不思議で一杯になる。

最大の疑問は、みんな、どうして、あんなに一生懸命会社に行くんだろう。ってこと。

おおざっぱに言えば分散型農業社会だった江戸時代が終わって、全国的な鉄道網が整備された明治時代後半からヒト・モノ・カネ・エネルギー・情報が首都圏や関西圏の大都市に集められ、大規模工場が出来て、慌ただしい通勤ラッシュなるものが始まる。

年齢も関係なく、入学も卒業も出入り自由だった寺子屋がなくなって、全国一律の学校制度が始まり、一斉に卒業し、就職するようなシステムが確立し始める。

そんなものたかだか100年の歴史すらないのに、みんな知ってか知らずか、あたかも天与のルールであるかのように、受け止めている。

スマートフォンとPCがあれば、ホワイトカラーの仕事なんぞどこでも出来るのに、相変わらず新橋辺りで、メートル上げて愚痴をこぼすサラリーマンがいて、そんなノリについて行けない人たちの間で、心の病が流行する。

交通事故死者をはるかに上回る、自殺者の数。

19世紀から20世紀は人や物や空間を集中させること=ピーク。

それが正しかった。

いま問題になっている原子力発電も、そういった時代背景のなかで生まれてきた技術。

だけど、もう古い。必要ない。

いま正しいのは、カネはさておき、ヒトとモノとエネルギーと情報は分散させること=ピークをカットすること。

時間や空間の制約なしに働き、自分にあったクリエイティブな楽しみを見つける。

文明をファストからスローに転換するなかで、新たな産業を興して行くべきだろう。

ぼくは20代半ばで、経済学者玉野井芳郎のこの本を読んで、目から鱗が落ちた。

科学文明の負荷―等身大の生活世界の発見 (1985年)
理屈っぽい話がながくなったので、ここらで終わりにしよう。

でもね。あと一言、二言。
スティーブ・ジョブズは、あの、ヒッピーの教科書Whole Earth Catalogueをバイブルにした。
もう、時代はそこまで、そこまで来ている。
ぼくは、強い日本よりも、しなやかで、賢い日本で暮らしたい。
21世紀の日本社会が時代の波に、押し流されてしまわないように、先見の明をもった
為政者の登場を期待している。
物わかりのいい爺さんになるのは、もう少し先延ばしにしよう。

本日はWhole Earth Catalogue 気分だから、高校生の頃、清水の舞台から飛び降りる気分で買い求めたグレイトフル・デッドの3枚組アルバム「ヨーロッパ72」から、哀愁漂う、美しい「ジャック・ストロウ」。




2013年10月20日 (日)

暮らしに関わる様々な分野で地域文化を壊しながら猛進するキャピタリズムにどのように対処していくか、日本人の叡智が問われている時代だと思う。

「日本酒文化の会」という団体があると、知人に教えてもらった。
ウェブサイトを見に行くと、設立趣旨にこんな一文がある。

冷戦体制(「東西(政治経済)対立体制」)の崩壊と資本主義の変質(新自由主義、市場至上主義、グローバリゼーション)は、 日本においても、国レベルの文化の破壊のみならず、国を構成する多様な地域文化の崩壊を、負の産物として生み出しつつあります。この力は、日本一国で抗う ことは到底できないくらい強力な波であることを、いま、私たちは身をもって感じています。

    その上さらに、日本は、「3・11」の事変により、東北地方を中心に大きなダメージを受けてしまいました。このような時代に、如何にして日本という生活・文化・経済共同体を立て直すことができるだろうか? この問いが、この会の出発点=原点です。

    日本社会を再活性化し、日本の文化を守るためには、地域社会の文化・産業を守ると いった保守的な姿勢に止まらず、モンスター化した市場経済の実態を怜悧に観察分析し、構造を把握し、活用すべきは活用し、新たな日本の文化を、伝統の上に 立って再創造すること、それが、私たちの喫緊の課題です。このような認識の上に立ち、私たちはもっとも注目すべきは、日本酒とそのメーカーである酒蔵であ る、と考えます。

昨日は、住宅をテーマに、坂口恭平やロイド・カーンが語る「キャピタリズムから身を守る空間=シェルター」としての小屋の力について書いた。
暮らしに関わる様々な分野で地域文化を壊しながら猛進するキャピタリズムにどのように対処していくか、日本人の叡智が問われている時代だと思う。
P.F.ドラッカーは20年も前にポストキャピタリズムについて書いた。

ドラッカー名著集8 ポスト資本主義社会

19世紀にW・モリスはキャピタリズムが壊した美しい中世の社会を再構築しようと、『ユートピアだより』を書いた。

首相は世界一企業が活動しやすい国にするなんて、スローガンを掲げ、キャピタリズムを批判するだけで、売国奴なんて言われかねない昨今の日本だが、大上段に構えて社会批判するのではなく、「日本酒文化の会」のように、しなやかに、したたかに、小さな酒蔵を応援するという趣旨が素敵だ。

そうだ。

東上野で酒店を経営しながら、たった一人で日本酒プロデューサーとして、同じ様な活動をしていた先人故関矢健二さんを思い出した。


上記のウェブサイトにはこんな一文もある。

ワインに関しては、当然のこととなっている料理とのマリアージュに関しては、これまで、あまりやられてこなかったので、これを実行することによって、日本酒の市場と食文化としての外延は、大きく拡大します。

まさか60歳で急逝されるとは思わず、軽い気持ちで関矢さんと世間話をするたびに、「料理とのマリアージュ」について、語っていたことを思い出した。

こんな一文もあった。

最近、行われているもう一つのマリアージュ。それは、音楽を聴くと、日本酒を利くを掛け合わせた、日本酒と音楽の出会いである。これは、これまでになかった、新たな試みであり、日本酒の市場と文化を活性化させる大きな原動力になります。

関矢さんがプロデュースした綺麗で、香り豊かなお酒を飲むと、小春日和の野原を散歩するようなビル・エバンスの「ワルツ・フォー・デビー」を聴きたくなる。

関矢さんの店は少し遠いから、これから新松戸のますよし酒店 に行ってみよう。

日本酒文化を伝えようと、一生懸命がんばる店が近くにある。
それが何よりもうれしいから。


2013年10月19日 (土)

ちょっと前の「スペクテイター」という雑誌をパラパラ見ていたら、坂口恭平とロイド・カーンの対談が載っていて、カーンの言う「キャピタリズムから身を守る空間」という言葉が強く印象に残った。

このところ、長い間疎遠だった友達との再会が続いている。
あ、そうだ。

土浦という子供時代通った懐かしい町に、再び遊びに行くようになったのも、同じことかもしれない。
古い友人たちも、僕も、落ち着いて、過去を振り返る年代になったのだろう。
ポールが来日するというので、この曲が聴きたくなった。


レコードレンタルなどない昔のこと、この曲は中学のクラスメートにビートルズのアルバム『リボルバー』を借りて、初めて聴いて、あまりの美しいメロディに絶句した記憶がある。
小さな草花を育てていると、植物だって懸命に自己主張して、
よりよい暮らしを志向していることに気づく。
それなのに、僕たち人間は自分の足元を見据えて、暮らしを考える時間を持っているのかな。
お金を稼ぐことは大事だけど、お金を稼ぐこと自体が目的になっていないかなあ。
世間の常識ってやつに、がんじがらめになってないかなあ。
ちょっと前の「スペクテイター」という雑誌をパラパラ見ていたら、坂口恭平とロイド・カーンの対談が載っていて、カーンの言う「キャピタリズムから身を守る空間」という言葉が強く印象に残った。
セルフビルドの空間は、キャピタリズムの象徴である銀行ローンの呪縛から解放されるためのシェルターだという。
セルフビルドに銀行はお金を貸してくれないから、少しずつ材料を買い足していって、
ゆっくりと小屋をつくってゆく。
完成した小屋は雨風だけでなく、「キャピタリズムから身を守る空間」にもなる。
那須高原で山小屋を作っていたとき、おぼろげながら考えていたことを、ロイド・カーンが
見事に言い表してくれた。

目の前を覆ってた霞が晴れて視界が開けてゆく。



2013年10月14日 (月)

連日30度を超す暑さがおさまったと思ったら、秋の花粉症に悩まされて、鼻と目がぐずぐず。

連日30度を超す暑さがおさまったと思ったら、秋の花粉症に悩まされて、鼻と目がぐずぐず。
それでも、じっとしているのはつまらないから、那須高原に出かけたら、道路も観光スポットも大渋滞。
忙しない都会のリズムに疲れて、自然の中に入っていきたいのに、ここも同じリズムでは意味が無い。
二日間滞在する予定を一日で切り上げて、早々と帰宅した。

こんな時は、家で物思いにふけるのもいい。

秋は内省的になるにはちょうどいい季節。
自分の内なる声に従って、魂の放浪の旅に出よう。

ハーブの世話をしたり、本を読んだりするのもいいが、ライブを見たり、「のだめカンタービレ」の旧作DVDを見ているうちに、音楽の楽しさを再発見した。

以前から好きだったリッキー・リー・ジョーンズの最新作Devil You Knowと、最近気になりだしたフジ子・ヘミングのアルバムが、最近のお気に入り。


こんなへんてこりんな「ザ・ウェイト」聴いたことない。
でも、重荷を下ろせ、自分を解放しろって歌うこの曲。
リッキー・リーの解釈が、案外的を射ているような気がする。
ギラギラとテンション高く、声高に自己主張するような暑苦しい季節が終わって、
ふと気がつくと、昔からなじみのリッキー・リーがいた。

フォークでもない、ジャズでもない、ロックでもない。

ジャンルなんか関係ない、彼女だけの独特な世界だ。

2013年10月12日 (土)

水郷土浦という昔懐かしい町に、こんな素敵な人がいること、最高の僥倖だと思う。

茨城県に関係する本を少しずつ集めているうちに、土浦の開業医で作家の佐賀純一さんを知った。

『浅草博徒一代』
『絵と伝聞 土浦の里』
『田舎町の肖像 MERORIES OF SILK AND STRAW』
『霞ヶ浦風土記MEMORIES OF WIND AND WAVES』
『戦争の話を聞かせてくれませんか』
といった著書がある。
多くの本が海外でも出版され、高い評価をうけている。
中でも伊地知栄治というやくざのたどった生涯を書き綴った『浅草博徒一代』は、
名盤の誉れ高いボブ・ディランのアルバム『ラヴ・アンド・セフト』収録の歌6曲に
引用されている箇所があるというので、話題になったそうだ。
メディアが盗作疑惑だと騒いだこの問題に対して、佐賀さんは新潮社から出ている
文庫版のあとがきの中でこんなふうに書いている。

その涼やかな人柄がうかがい知れる名文だと思う。

伊地知栄治氏と出会ってから二十年以上の歳月が流れた。彼と過ごした炬燵の日々の記憶が消えかけようとしたとき、ボブ・ディランという偉大な歌手が新しい命を吹き入れてくれたことを、私は心から感謝している。なぜこのような不思議が起きたのか、分からない。恐らく「伊地知栄治のはなし」には、民族や文化の違いを越えて共感を呼ぶ魂が宿っているのだろう。だから私にはこの新装版が、ボブ・ディランからの密かな贈り物のように思えてならないのだ。

たったこの5行を読んだだけで、佐賀さんのキラキラした感性が息づいていることが
わかるでしょう。
心の奥深くに、するっと入ってくる名文で、一文字たりとも無駄がない。
こんな風に書けたらいいって、思うとおりの文章で、書き写すのが気持ちいい。
佐賀さんの作品は全部、こんな名文で綴られているので、欧米で日本研究のテキスト
として、翻訳されるのかもしれない。
そして、水郷土浦という昔懐かしい町に、こんな素敵な人がいること、最高の僥倖だと思う。

佐賀さんの文章と同じように、枯れた味わいのあるBob Dylan のLove and Theftから

"Moonlight"

何度も聴いているうちに、目頭があつくなってきた。

 

2013年10月 6日 (日)

古材から漂ってくる、昔の蔵、独特の匂い。 その匂いに心の奥底に眠る古い記憶を揺さぶられる。

土曜日の午後、再び、土浦に行った。
普段は閑散とした町が、花火大会の夜だけは、往時の賑わいを取り戻す。
だけど、ぼくが行くところは、どこも人がいない。
みんな、花火を見に行ってしまったのだろうか。

土浦市立博物館

市立博物館で取材を終えて、天ぷらの保立で、軽く一杯。

Img_1430021

喫茶「蔵」で食後のコーヒーを楽しみ、向かい側にある、土浦まちかど蔵「大徳」に寄る。

036025

古材から漂ってくる、昔の蔵、独特の匂い。

その匂いに心の奥底に眠る古い記憶を揺さぶられる。

それは、明治生まれの祖父が元気だった時代の匂い。

ふと、金子光晴のちくま日本文学全集に入っていたエッセイ「大黒家の人々」を思い出す。


江戸時代後期の建物だという。
博物館も素敵だったけど、この匂いにやられた。
しばらくその場を離れられなくなった。

036_2026

028030

なんだか、高田渡が聴きたくなった。



もう、人混みの中で、花火など観る気分になれず、つちうら古書倶楽部で、古い本を一冊買って家路についた。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31