交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 水が綺麗になった坂川が町なかを流れている松戸宿の水景は美しい。 同じように、もし、今でも土浦の町なかを川口川が流れていたら。 | トップページ | 古材から漂ってくる、昔の蔵、独特の匂い。 その匂いに心の奥底に眠る古い記憶を揺さぶられる。 »

2013年9月29日 (日)

市川市に文学ミュージアムが出来て、その最初の企画展が 永井荷風だというので、やっと本日、行ってきた。

このブログのタイトルは「新葛飾土産」といって、東京大空襲で偏奇館を失った永井荷風が、住まいを転々とした後、市川に定住して著した随筆「葛飾土産」にちなんでつけたもの。
なのに、忙しさにかまけて、最近荷風の作品を読んでいないなあ、って思っていたら、
タイムリーなことに市川市に文学ミュージアムが出来て、その最初の企画展が
永井荷風だというので、やっと本日、行ってきた。

下総中山から真間川づたいに歩く。

川面に映り込む白い雲が、まるで印象派の絵のようで、ここってもしかしてパリ?

なんて気分にひたる。

アーチ型の水道橋が、巨大なオブジェのように見える。

005

「葛飾土産」にも、真間川づたいに歩いて、東京湾の方までいってしまった記述が

あったなあ、なんて考えながら歩いていたら、すぐにニッケコルトンプラザの建物が

見えて、そこを越えたら、ミュージアムのある中央図書館の入り口だった。

それにしても、極細の筆で書かれ、和綴じで自装された『断腸亭日乗』の原本を、

これほど、惜しげも無く見せてくれる有り難い展示会が、かつてあったのだろうか。
真っ正面から荷風の世界に切り込む、堂々たる展示内容。
永井家の本棚まで、移設してしまうとは、恐れ入った。

ミュージアムの入り口では友だちづきあいさせていただいているプロデューサー

小島豊美さんのお父さんといいうより、志ん生の『びんぼう自慢』で有名な作家の

故小島貞二さんと、縄文時代に詳しい詩人・美術評論家の故宗左近さんという、

大好きな二人の文学者が両脇にたって出迎えてくれるのも、うれしい。

007008


5年ぶりにやっと、小説を書こうという気構えも固まりだし、映画「三丁目の夕日」の
茶川龍之介化しつつあるぼくにとって、ものすごく刺激をうける企画展になった。
昭和28年頃から32年頃まで、毎月2本くらいの頻度で、外国映画を観ているのにも、
びっくり。

ラジオから流れる歌謡曲は嫌いな荷風だったけど、邦楽やオペラも好きだったし、江戸趣味と欧米文化に関する知識が、高次元でマッチングしてしている、たぐいまれな近代的知識人だったと思う。
邦画は自分の作品の映画化以外は、ほとんど観ないのも、なんとなく荷風らしい。
あああ。金曜日の夜から、ずっと楽しい3日間のオフだった。
サザエさん症候群なんて、つまんないこと考えず、休日の夜、

皆さんもゆったりと荷風気分で、まだ夢の続きを。

« 水が綺麗になった坂川が町なかを流れている松戸宿の水景は美しい。 同じように、もし、今でも土浦の町なかを川口川が流れていたら。 | トップページ | 古材から漂ってくる、昔の蔵、独特の匂い。 その匂いに心の奥底に眠る古い記憶を揺さぶられる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 水が綺麗になった坂川が町なかを流れている松戸宿の水景は美しい。 同じように、もし、今でも土浦の町なかを川口川が流れていたら。 | トップページ | 古材から漂ってくる、昔の蔵、独特の匂い。 その匂いに心の奥底に眠る古い記憶を揺さぶられる。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31