交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« こうして破棄された1920年代の東京の都市文化は、戦後も顧みられることなく、いまだに失われたままだと、海野弘は説く。 | トップページ | ノートに、ずっとずっとやりたかったのに、やれなかったことを箇条書きにして書いてみたら、 最初に頭に浮かんだのが、ハーブの庭造り。 »

2013年8月15日 (木)

ほとんど庭などない、猫の額のような山小屋でも、借景を生かせば、それなりに楽しめる。

猛暑にへろへろになりながら、なんとか昨日、那須高原にたどり着いて、二日酔い気味の頭で、ぼうっとしながら、早朝PCに向かう。
ふと左横をみると、狭い我が家から見える隣家の深緑が目にまばゆいばかり。

Img_1370

ほとんど庭などない、猫の額のような山小屋でも、借景を生かせば、それなりに楽しめる。

それなら、もっと素敵な庭を楽しもうと、近所にある那須高原HERB'Sに行った。
那須高原HERB'S

019

麗しい香りに包まれながら、ハーブティーを飲ませてもらって、ぼうっと庭を眺めていてたら、さらにリラックスしてきた。
こんな空気感に、BGMのボサノバが、よくマッチしていた。
とても、都会に帰る気がしなくなってきた。

このエントリを書いているいまは夜。
ジャズは好きだけど、ボサノバのことはよくわからない。

小野リサくらいしか知らないので、ボサノバを聴きたくなると、彼女の歌を聴く。
”Fly me to the moon”って名曲で、いろんな人が歌ってるけど、おれは小野リサのバージョンがいちばんしっくりくる。

小野リサと共に更けてゆく避暑地の夜。

やっぱし、東京に戻れない。

« こうして破棄された1920年代の東京の都市文化は、戦後も顧みられることなく、いまだに失われたままだと、海野弘は説く。 | トップページ | ノートに、ずっとずっとやりたかったのに、やれなかったことを箇条書きにして書いてみたら、 最初に頭に浮かんだのが、ハーブの庭造り。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こうして破棄された1920年代の東京の都市文化は、戦後も顧みられることなく、いまだに失われたままだと、海野弘は説く。 | トップページ | ノートに、ずっとずっとやりたかったのに、やれなかったことを箇条書きにして書いてみたら、 最初に頭に浮かんだのが、ハーブの庭造り。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31