交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ビアトリクスのように、ずっとやりたかったことは、とにかくやってみることにしようと思う。 | トップページ | 佐藤春夫のような大正時代のビーダーマイヤーワールドも、案外それに近いかもなあ »

2013年8月 3日 (土)

だから本との出会いも、縁のあるなしって、きっとあるはずで。

自分以外の誰にも見せられない心の奥底の本音を毎朝3ページ、ノートに書きまくる「モーニングページ」という習慣を始めて2週間たった。
書いたノートは自分自身でも決して読み返してはいけない。
もちろん、他人になど絶対に見せない。
たったそれだけの習慣なのに、面白いように頭の中が整理されて、気持ちが明るくなる。

作家やアーティスト志望者のための本だけど、効果は汎用的だと思う。

本のタイトルは内緒。

自分で探して下さい。
無数に出版されている本の中で、出会うのはごく一部。
だから本との出会いも、縁のあるなしって、きっとあるはずで。
縁が無い本には出会わない。
それが人生の面白みだと思うから。

自分は20代でプロテスタントの教会やめてからずっと、無宗教だけど、それを神さまの導きと言い換えてもいいのかもね。

矢野顕子も神様が宿ってる。

この映像、引き込まれて何度も見てしまった。

« ビアトリクスのように、ずっとやりたかったことは、とにかくやってみることにしようと思う。 | トップページ | 佐藤春夫のような大正時代のビーダーマイヤーワールドも、案外それに近いかもなあ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だから本との出会いも、縁のあるなしって、きっとあるはずで。:

« ビアトリクスのように、ずっとやりたかったことは、とにかくやってみることにしようと思う。 | トップページ | 佐藤春夫のような大正時代のビーダーマイヤーワールドも、案外それに近いかもなあ »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31