交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ほとんど庭などない、猫の額のような山小屋でも、借景を生かせば、それなりに楽しめる。 | トップページ | 知れば知るほど興味深い植物の世界。 »

2013年8月16日 (金)

ノートに、ずっとずっとやりたかったのに、やれなかったことを箇条書きにして書いてみたら、 最初に頭に浮かんだのが、ハーブの庭造り。

30代の頃、ある時期、園芸に凝ったことがあって、野菜は失敗したけど、鉢植えの植物を集めていたことがある。
それからだんだん忙しくなって、いろいろ煩わしい世の中のしがらみに翻弄されて、
昨年隠居宣言しても、まだまだ忙しかったが、やっとこの1ヶ月間で、
いろんなことがリセットできた。
ノートに、ずっとずっとやりたかったのに、やれなかったことを箇条書きにして書いてみたら、
最初に頭に浮かんだのが、ハーブの庭造り。
いま住んでいる家には庭がないけど、那須高原の家なら、猫の額ほどの庭があるので、那須高原HERB'Sで、苗を買ってきて、植えてみた。
小さな、小さな第一歩。
これから少しずつ勉強して、香り豊かな庭をつくってみよう。

Photo

今の気分は、エリック・アンダーセンの名曲「ブルー・リバー」。

清流の流れる高原を、爽やかな風が吹き抜けるような、この曲がずっと昔から好きで。

エリック・アンダーセン本人ではなく、リック・ダンコがボーカルをとるこのバージョンも、

大好き。

 

« ほとんど庭などない、猫の額のような山小屋でも、借景を生かせば、それなりに楽しめる。 | トップページ | 知れば知るほど興味深い植物の世界。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ほとんど庭などない、猫の額のような山小屋でも、借景を生かせば、それなりに楽しめる。 | トップページ | 知れば知るほど興味深い植物の世界。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31