交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 本日6月23日の沖縄慰霊の日に想う。 | トップページ | 石破氏及び自民党は原発の抱える様々な問題を先送りして、廃棄物の問題も見ないことにして、いまお金になればいいって無責任なこと言ってるのに、自分たちの方が責任感があるような言い回しで、誤魔化そうとしてる。はっきり言って、人間のくずである。 »

2013年6月23日 (日)

荷風にしろ、ロイド・カーンにしろ、坂口恭平にしろ、自分が自分らしく生きるためには「シェルター」が必要だってことかもね。

ロイド・カーンという人がいる。

1960年代にはケビン・ケリー、スチュアート・ブランドらと『ホール・アース・カタログ』の編集に参加し、シェルターの項を担当していたセルフビルダーにして、編集者。
出版社「シェルター・パブリッシング」のオーナーでもある。
「スペクテイター」という雑誌のバックナンバー2005年春号を買ったら、坂口恭平とのインタビューが載っていた。
面白かったのは彼の言う「シェルター」という言葉には「キャピタリズムから身を守る空間」というニュアンスが込められているということ。

いかにしてキャピタリズムの象徴でもある銀行ローンの呪縛から解放されるかということがテーマのひとつになっていたのは事実だからね。ただお金を稼ぐために働く一生よりも、自分自身のための独立した生き方の重要性を伝えていきたかったんだ。

永井荷風の「偏奇館」は近代の侵入を防ぐシェルターだったと言われる。
荷風の死から50年後、ロイド・カーンの「シェルター」はキャピタリズムの侵入を防ぐ空間でもあるって、とても面白い。だけど切ない。
荷風にしろ、ロイド・カーンにしろ、坂口恭平にしろ、自分が自分らしく生きるためには「シェルター」が必要だってことかもね。
そう思ったら、ストーンズのこの曲が聴きたくなった。
コンビニに勤めて、深夜勤務していた時、エンドレステープで一晩中聴いたこの曲。
産業界はバブルの最中なのに、深夜から明け方の東京下町のコンビニで、社会の底辺にいるような人たちと出会った。
たぶん、あの人たちをオレは一生忘れないだろう。

特に、アベノミクスとやらで活況を呈する今なら余計にね。

今宵はプレイング・フォー・チェンジのバージョンで「ギミー・シェルター」

« 本日6月23日の沖縄慰霊の日に想う。 | トップページ | 石破氏及び自民党は原発の抱える様々な問題を先送りして、廃棄物の問題も見ないことにして、いまお金になればいいって無責任なこと言ってるのに、自分たちの方が責任感があるような言い回しで、誤魔化そうとしてる。はっきり言って、人間のくずである。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本の場合、シェルター=小屋。
もし、8畳ぐらいの小屋を建てて、そこに快適に住むことができて
土地も10坪ぐらいでOK。ならば全部で600万円ぐらいでできてしまう。
それを現金払いで支払う。みんなが抱える銀行ローンから開放される。
そんな生活でも満足できるなら是非実行してほしいと思います。
その後人生が2倍もしくは3倍楽しむ事ができると思います。
そんな人が増えると思う今日この頃です。

ふと振り返ると、昭和30年代の我が家はそんな感じでした。その代わり、子供の遊び場は家の前の路地だったし、風呂は銭湯だったし、電気冷蔵庫ないけど、魚屋も総菜屋も徒歩1分圏内だった。町を上手に使いこなしていたから出来た暮らし方かもね。でもこれからでもまだ、間に合うと思います。ぼくは今の若者たちに大いに期待してます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日6月23日の沖縄慰霊の日に想う。 | トップページ | 石破氏及び自民党は原発の抱える様々な問題を先送りして、廃棄物の問題も見ないことにして、いまお金になればいいって無責任なこと言ってるのに、自分たちの方が責任感があるような言い回しで、誤魔化そうとしてる。はっきり言って、人間のくずである。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31