交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 歳月だけが醸し出す絶妙の味を持った建物が、町に風格と落ち着きを与えている。 それをあっけなく壊してしまっても、いいのかなあ。 | トップページ | 江戸に帰った杉浦日向子から遠隔操作されてる気分だあ。 »

2013年5月26日 (日)

多くの人と名刺交換したが、かちくらエリアではデフォルトが「活版印刷」というのが、なんともすごい。

メトロの稲荷町駅からふらふらと歩いて、コリアンタウンや御徒町の燕湯を見て、佐竹商店街を歩いて、台東デザイナーズビレッジ(デザビレ)にたどり着く。
廃校になった小島小学校の建物を利用したこの施設は、台東区の南側かちくらエリア全体を使ったスケールの大きなイベント
モノマチ
の拠点 だ。
アトリエミナミさんという若い女性の装丁家がやっている工房を見せてもらう。

100

テーブルにはオリジナルの文庫本カバーが並ぶ。

書店で目立つことを最優先に作られたカバーではなく、本の内容に寄り添ったカバーが味わい深い。

一番気に入った作品を一冊購入した。

台東区は上野と浅草を結ぶ線から北側に名所が多くて、自分がかつて住んでいたのも北部だった。

かちくらエリアは地味な印象が強く、遊びに行くのも浅草橋くらいで、その他の町には今までほとんど足を踏み入れたことがなかった。

それにもまして、これだけ多くの職人が集まった場所だとは知らなかった。

106

多くの人と名刺交換したが、かちくらエリアではデフォルトが「活版印刷」というのが、なんともすごい。

江戸期から営々とつないできた職人文化の一端を垣間見たような衝撃を感じた。

手作り志向とかエコロジー志向とか、そういうヒッピー文化的なものとは異なる、もっと深くて長い歴史をもつ手の文化がここにあった。

こんな日にはニール・ヤングじゃなく、ライ・クーダーがいい。

それも初期のやつ。

高校時代に友達から借りたアルバム「流れ者の物語」の気分だなあ。

 

« 歳月だけが醸し出す絶妙の味を持った建物が、町に風格と落ち着きを与えている。 それをあっけなく壊してしまっても、いいのかなあ。 | トップページ | 江戸に帰った杉浦日向子から遠隔操作されてる気分だあ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歳月だけが醸し出す絶妙の味を持った建物が、町に風格と落ち着きを与えている。 それをあっけなく壊してしまっても、いいのかなあ。 | トップページ | 江戸に帰った杉浦日向子から遠隔操作されてる気分だあ。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31