交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ちょうどいい。社会人になってから、30数年、いちばん長い連休だ。「わたしたちの記憶の底に、いまも睡っている」江戸人を探しにゆこう。 | トップページ | 町に新たな空間を建設しなくても、すでにある場所を再定義することで、結果的に新しい空間を作り出す。杉浦日向子の真骨頂がここにある。 »

2013年5月 5日 (日)

「私の中の日本流」に、ぼくのような一般庶民もこだわってみようと、日々の暮らしの中で、ささやかな日本流を実践している。

江戸文化研究者の田中優子さんが書いた松岡正剛『日本流』(ちくま学芸文庫)の解説に印象的な一文がある。

松岡は「日傘や提灯や下駄を残そうというのなら、そこには職人の数、そのモノを使う場面の多さ、そのモノをいきいきとさせる意匠のセンス、そうしたもろもろのアソシエーションが一緒になって走るべきなのです」と書く。この、いくつものことが組み合わさりながら一緒に走るということに注目したい。これを、私がなじんでいる着物で考えるならば、着物はあればいいというものではなく、着ればいいというものでもない。できるだけ多くの場で着る。職人を知って、良質のセンスのものを選び、自分の着方で着こなす。着物、帯、帯締め、帯揚げ、半襟、たび、草履、扇子など、ありとあらゆる職人仕事が集まっている。その集合を、その場その場で生き生きとさせる。布の背後にあらゆるもの作りの歴史と、着こなしの背後にある文化をまとう。そして「言葉」だ。良質の言葉で語らねばならないだろう。

私の中の日本流も、さらに掘り起こし、稼働させたくなってきた。

ひとりひとりの中に潜んでいる「日本流」が、様々な言葉の刺激で意識の表面に上がってくる。そして、その日本流を稼働させたくて、落ち着かなくなってくる。

この「私の中の日本流」に、ぼくのような一般庶民もこだわってみようと、日々の暮らしの中で、ささやかな日本流を実践している。

 「着物」や「下駄」のような国産の工芸品にこだわって、雑誌に出ているような店に行って買い物するのもいいが、暮らしと密着しているとはいいがたい。 

 そこで、なるべくお米が原料の地酒を呑むようにする。国産のお酒でも、国産ビールやウィスキーは輸入品の麦が原料なので、国内の生産者が潤わないからNG。

 これは、酒を呑む大義名分が出来て楽しい。

 最近は金町の醸し処ひょんさんという、素敵な居酒屋を見つけて、福島の酒を堪能している。

 さらに行きつけの寿司屋柳沼さんに行って、勉強家の大将に江戸前の海で採れた魚を握ってもらう。これも美味しくて、大変気分がいい。

 回転寿司のテーブルで、どこで採れたかわからない魚の乗った寿司を一皿105円で食べても、最近は虚しくなるばかりだ。

 ライブもよく行く。海外のミュージシャンもいいが、どうせ行くなら、民謡や浪曲、日本の庶民文化を大切にしている人たちのライブを見るようになった。

 これがすごくいい。テレビで視て、ステロタイプな民謡イメージや浪曲イメージにとらわれている人こそ、見に行くといい。

 テレビで視る大御所とは違う、若い世代のミュージシャンや芸人さんたちの、熱いライブが見られる。

 ぼくと同じ根岸生まれで、FB友達の佐藤錦水さんが、ジャズピアノピアノの中村力也さんらとやっている調草子どうですか。すごくいいでしょ。

« ちょうどいい。社会人になってから、30数年、いちばん長い連休だ。「わたしたちの記憶の底に、いまも睡っている」江戸人を探しにゆこう。 | トップページ | 町に新たな空間を建設しなくても、すでにある場所を再定義することで、結果的に新しい空間を作り出す。杉浦日向子の真骨頂がここにある。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょうどいい。社会人になってから、30数年、いちばん長い連休だ。「わたしたちの記憶の底に、いまも睡っている」江戸人を探しにゆこう。 | トップページ | 町に新たな空間を建設しなくても、すでにある場所を再定義することで、結果的に新しい空間を作り出す。杉浦日向子の真骨頂がここにある。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31