交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 芦野のような古い建物のある町で、斬新なデザインの那須歴史探訪館に入館し、座布団に座って、絵や庭を眺めていると、時間がゆっくりと流れてゆくのがわかる。 | トップページ | 今日、遊びに行った東京ディズニーランドには、絶対に作り出せない価値が、「ブリコラージュ」という言葉には、潜んでいるのだから。 »

2012年11月 4日 (日)

数百年間、川で暮らす民の血が、自分の中に流れている。

川の流れを、小さい頃から、いつもみつめていたような気がする。

茨城県の土浦市近郊にある美浦村というのが、母の実家がある場所で、その家でぼくは生まれた。

当時は台東区の根岸に住んでいたが、一年のうち、数ヶ月は茨城で過ごした。

家のすぐ脇を清明川という小川が流れ、霞ヶ浦に通じていた。

川辺には和船が繋がれていて、夜が明けるか明けないうちに、祖父と一緒に、川魚漁に出て、子どもながら仕事を手伝った。

そんな、数百年間、川で暮らす民の血が、自分の中に流れている。

そして、年を取れば取るほど、物の見方、考え方に祖父の影響を強く感じるようになった。

川を見ると、いつでも自分の帰るべき場所に帰ったような、そんなゆったりした気持ちになる。

あるいは、世俗の垢にまみれた自分の心が浄化されてゆくような、清らかな気持ちになる。

さっきも、夜の散歩で、家の近くの坂川に架かる橋の上から、新松戸のマンション街を眺めた。

すると、どこにでもあるマンションの部屋の燈りが、川面に映り込んで、水の上に絵の具を流したように光がにじんだ。

心の中で、ロギンス&メッシーナのWatching The River Run のイントロが鳴り始めた。

« 芦野のような古い建物のある町で、斬新なデザインの那須歴史探訪館に入館し、座布団に座って、絵や庭を眺めていると、時間がゆっくりと流れてゆくのがわかる。 | トップページ | 今日、遊びに行った東京ディズニーランドには、絶対に作り出せない価値が、「ブリコラージュ」という言葉には、潜んでいるのだから。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数百年間、川で暮らす民の血が、自分の中に流れている。:

« 芦野のような古い建物のある町で、斬新なデザインの那須歴史探訪館に入館し、座布団に座って、絵や庭を眺めていると、時間がゆっくりと流れてゆくのがわかる。 | トップページ | 今日、遊びに行った東京ディズニーランドには、絶対に作り出せない価値が、「ブリコラージュ」という言葉には、潜んでいるのだから。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31