交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 江戸期以前に出版された本を、博物館に入れて、しまいこむのではなく、現代に繋がる読み物として、社会の中で機能させてゆくべきだと思う。 | トップページ | 芦野のような古い建物のある町で、斬新なデザインの那須歴史探訪館に入館し、座布団に座って、絵や庭を眺めていると、時間がゆっくりと流れてゆくのがわかる。 »

2012年10月21日 (日)

自分たちの町に残る歴史を忘れて、どこにでもある個性のない街が作られてゆくことの多い昨今、墨田区のひとたちのバイタリティに、心を打たれた。

路地裏文化研究会という集まりを始めて、昨日は墨田区の京島に行った。

午後は、向島まで歩いて、鳩の街商店街をみたのだが、wikiによれば、吉行淳之介の小説「原色の街」の舞台となり、永井荷風がこの地を舞台に戯曲「渡り鳥いつかへる」「春情鳩の街」を書いているということ。

近隣の玉の井と同じように永井荷風が訪れ、そのほか多くの文人が訪れたといい、安岡章太郎、三浦朱門、近藤啓太郎、小沢昭一などが、出入りしたことが知られているという。

また、女優・歌手の木の実ナナがこの地で生まれ育ったことで有名である。
以上が鳩の街の簡単なプロフィールだ。

鳩の街に一時間ほどいて、鈴木荘という複合店舗や商店街の裏にある色街の跡を見た。

僕が住んでいる松戸にもかつて平潟という色街があったが、地元では負の歴史遺産と考える人が多いらしく、遊客で賑わってた当時の面影を残しているのは、平潟公園に隣接する来迎寺と、一本の柳の木だけで、ほとんど痕跡はない。

それが常識だと思っていたので、鳩の街に当時の建物が残っていることに驚いた。

そして、いまでも鳩の街という名前に誇りを持って、「帰ってきたキューピッドガールズ」が、商店街のために歌い踊る。

自分たちの町に残る歴史を忘れて、どこにでもある個性のない街が作られてゆくことの多い昨今、墨田区のひとたちのバイタリティに、心を打たれた。

歩いているうちに、ちょっと頭がクラクラしたのは、昼間から呑んだビールのせいだけではないだろう。

Dsc01831 Dsc01836

« 江戸期以前に出版された本を、博物館に入れて、しまいこむのではなく、現代に繋がる読み物として、社会の中で機能させてゆくべきだと思う。 | トップページ | 芦野のような古い建物のある町で、斬新なデザインの那須歴史探訪館に入館し、座布団に座って、絵や庭を眺めていると、時間がゆっくりと流れてゆくのがわかる。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸期以前に出版された本を、博物館に入れて、しまいこむのではなく、現代に繋がる読み物として、社会の中で機能させてゆくべきだと思う。 | トップページ | 芦野のような古い建物のある町で、斬新なデザインの那須歴史探訪館に入館し、座布団に座って、絵や庭を眺めていると、時間がゆっくりと流れてゆくのがわかる。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31