交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 昨日も15年前にミニコミ誌「わがまま生活」創刊準備号を一緒に作った赤間豊さんと、再会できた。 当時から優秀なランドスケープデザイナーだったけど、年齢を重ね、会社を代表するような立場になって、ますます才能に磨きがかかっている。 | トップページ | ぼくには、小津作品に登場するような、趣味のいい中流の小市民が分厚く存在している社会が健全な社会だという確固たる信念がある。 »

2012年9月30日 (日)

だから、今回は久々にポップな文章に戻してみようと考えた。86歳で亡くなった永遠の文学少女で、恋する乙女だった友人の杉山宮子さんを題材に。楽しくないとね。長続きしないから。

第2号からずっと、寄稿させていただいている「ずいひつ流星」の原稿締め切りが迫ってきたので、構想をまとめている。
たった3ページなのに、というか、3ページだからこそというべきか、短い文章の中で自分が書きたかったことを的確に表現することに、たいへん苦労しながら書いている。
3.11から数回書いているが、ダークな感じの文章ばかり並んでしまった。
あっけらかんとした文章は、もう書けないと思っていた。
けれど、それはちがうかもね。
そろそろポップで、カラフルな感じの文章がいいなあ。
しかも、その間に『ぼくたちの野田争議』がはさまっている。
気分は暗い時代にまっしぐら。
それはそれで、大事なことなんだけど、そういうんじゃないのも書いてないと、精神のバランスが崩れてしまう。

だから、今回は久々にポップな文章に戻してみようと考えた。86歳で亡くなった永遠の文学少女で、恋する乙女だった友人の杉山宮子さんを題材に。楽しくないとね。長続きしないから。

ところで、ポップな文章って、現状告発型のダークな文章より難しい。
下手にいろいろ本を読んでいるから、いろんな物書きの影響が知らず知らずに身についていて、中野翠風になっちまったり、植草甚一風になっちまったり、力を抜くと定番の椎名誠風になっちまったり、力を込めると杉浦日向子風になっちまう。
最近だと持田叙子の文体も好きだなあ。
でもあれは、おばさんの学者さんだからこそ出来る離れ業。
小沢信男や小沢昭一の文体も好きだ。
だけど、あれはお二人ともおじいさんだからこそ使える文体。お二人の独断場。
読み返すと小沢昭一さんの昔の文章なんか、案外普通だったりする。
無名の週末文筆家が、文体で悩むなんざ、しゃらくせえ。百万年早いぜって、ことかなあ。
文体って、結局人格そのものが出てしまう。
人格が向上しないと、文体もついてこないってのが、本日の結論かなあ。やれやれ。

で、今週はFacebookでポコの特集をやっているから、ティモシーの作品を貼り付けよう。

ティモシーは78年にイーグルスに入るので、77年のこの曲は良き仲間にインスパイアされながら名曲を紡ぎ出していたポコ時代最後の名曲かもね。

イーグルス以降のティモシーって、つまんない曲しか作ってないから。

« 昨日も15年前にミニコミ誌「わがまま生活」創刊準備号を一緒に作った赤間豊さんと、再会できた。 当時から優秀なランドスケープデザイナーだったけど、年齢を重ね、会社を代表するような立場になって、ますます才能に磨きがかかっている。 | トップページ | ぼくには、小津作品に登場するような、趣味のいい中流の小市民が分厚く存在している社会が健全な社会だという確固たる信念がある。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日も15年前にミニコミ誌「わがまま生活」創刊準備号を一緒に作った赤間豊さんと、再会できた。 当時から優秀なランドスケープデザイナーだったけど、年齢を重ね、会社を代表するような立場になって、ますます才能に磨きがかかっている。 | トップページ | ぼくには、小津作品に登場するような、趣味のいい中流の小市民が分厚く存在している社会が健全な社会だという確固たる信念がある。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31