交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 「グローバル化」「近代化」「産業化」を盲目的に信奉し、橋下某や、そのオリジンであるコイズミのような「考え方」をする男に期待する時代は終わった。完全に終わった。 | トップページ | 自分の名前を売り込むことが上手だったり、お金儲けが上手な人間が、才人としてもてはやされる世の中だからこそ、石山修武がやったように、忘れられた「現代の職人」を見つけて、世に紹介する仕事が貴重になってくる。 »

2012年8月26日 (日)

だけど、今はこの頃にはなかったソーシャルメディアがある。共通する感覚をもった人同士で、集まって何でも始められる。

昨日から読み始めた伊藤洋志『ナリワイをつくる』(東京書籍、2012年)は、面白い。
以前読んだ藤村靖之『月3万円ビジネス』(晶文社、2011年)と似ているようで、実は重要な相違点がある。
「ビジネス」と「ナリワイ」は根本的に対立する考え方なのよ。

著者はこんな風に表現している。

なんやかんやと、人間は言葉で思考を形づくっている。だから「ナリワイ」という言葉を使うことで「生活と仕事を一体化させる」という考え方を頭になじませよう。

(中略)

ビジネスの語源もbusyと言われているので、使わない。忙しくなると、心を亡うと言われる。何か迷ったときとかに、これはナリワイとは言えねえなあ、と思えばそれは範囲外、ナリワイと呼んでしっくりくるならOK、なのである。

田中優子は朝日新聞の書評で「ナリワイ」について、こう記す。

時間と健康をお金に換えるのではなく、頭と体が鍛えられて技が身につき、個人でおこなえる小規模の、人生を充実させられる仕事のこと、である。

『月3万円ビジネス』は、自分のペースで暮らす方法を教えてくれる本だったけれど、『ナリワイをつくる』は、その先を見ていて、コミュニティの回復という指向性を強く感じる。

二つの本の著者の年齢には35年の開きがある。

若い世代ほど、年配者に根強くとりついた、村落共同体への抵抗感が少なくて、コミュニティに新鮮な魅力を感じ取っているのかもしれない。
だから『ナリワイをつくる』に似ているのは、『月3万円ビジネス』じゃなくて、むしろ伊藤洋志と同い年のアサダワタル『住み開き』(筑摩書房、2012年)だ。
家から始めるコミュニティと副題がついたこの本は、自閉した核家族住宅が、どうやって町に対して家を開いてゆくか、いくつかの処方箋を示してくれる。
こういう本が、ベストセラーにはならなくても、万単位で売れてゆけば、少しずつ日本社会も風通しのいいものに変わって行くだろう。
そんな予感がする。
1990年代初頭、石山修武『笑う住宅』(筑摩書房、1986年)を読んで、感銘を受けて、石山さんが率いていたダムダンという設計事務所を訪ねて、人を集めて、那須高原の空間作りを始めた時、いつも心にあったのは石山さんのこんな文章。

どんな形式でも構わない、何しろ集まりを作ること、この 楽しみ、この喜びに勝るものは他にない。その為に必要であれば建築もしよう、何もしようと考えているだけなのである。いずれ、いつの日か、これだけはでき るかどうか解らないけれど、あなたのライフワークは何ですかと聞かれるようなことが万に一つもあったならば、ダムダンを始めとする幾つかの集まりですと、 ヌケヌケと答えてみたいものだ。

この文章は4年前にも引用したけれど、読んでない人も多いと思うので、再掲する。

20数年前は、ちょっと前のバブル時代の熱気が残っていて、まだまだ日本も元気で、誰もがみんな日本株式会社の未来を楽観視していたけれど、いまはそんな余熱も消えた。

だけど、今はこの頃にはなかったソーシャルメディアがある。共通する感覚をもった人同士で、集まって何でも始められる。

これからもっと、面白くなるに違いない。

猛烈に暑いけれど、気分はさわやかな朝。

ビートルズの小品「アイ・ウィル」を聴きたくなった。

こういうアルバムの中の何気ない曲に、ポールの天才性が発揮される。

ひょっとするとポールの全作品で一番好きな曲かもしれない。

« 「グローバル化」「近代化」「産業化」を盲目的に信奉し、橋下某や、そのオリジンであるコイズミのような「考え方」をする男に期待する時代は終わった。完全に終わった。 | トップページ | 自分の名前を売り込むことが上手だったり、お金儲けが上手な人間が、才人としてもてはやされる世の中だからこそ、石山修武がやったように、忘れられた「現代の職人」を見つけて、世に紹介する仕事が貴重になってくる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「グローバル化」「近代化」「産業化」を盲目的に信奉し、橋下某や、そのオリジンであるコイズミのような「考え方」をする男に期待する時代は終わった。完全に終わった。 | トップページ | 自分の名前を売り込むことが上手だったり、お金儲けが上手な人間が、才人としてもてはやされる世の中だからこそ、石山修武がやったように、忘れられた「現代の職人」を見つけて、世に紹介する仕事が貴重になってくる。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31