交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 1969年の夏、まだ小学生だったぼくはOくんと一緒にコマ劇場付近の映画館をはしごしたことを思い出したのだ。 | トップページ | 路地裏文化研究会という集まりを、ゆっくりと始めようと思う。もう歳だから、あんまりテンションを上げないように気をつけながら。 »

2012年7月14日 (土)

あんまり暑くて難しい本を読む気にならないので、ものすごく昔の中野翠の本『ウテナさん祝電です』なんぞを取り出す。

朝から暑くてぼうっとして、娘と一緒に行水。

娘と二人で行水するのも、娘の歳を考えると、今年で最後かなあなどとシンミリした気分になる。

それはさておき、あんまり暑くて難しい本を読む気にならないので、ものすごく昔の中野翠の本『ウテナさん祝電です』なんぞを取り出す。

古本屋で50円で売っていたから、とりあえず買ったけど、長いこと放り投げていた本だ。

ぼうっと読んでたら、「およげ!たいやきくん」の作詞者である「下品のタカダ」なんていう記述を発見する。

「およげ!たいやきくん」といえば小島さんの出番だ。

そういやあ小島さん、ゴールデン街のバーで、中野翠と知り合いになったなんて言ってたもんなあ。

ちなみに「下品のタカダ」って最近も「かつおぶしだよ人生は」なんか作詞した高田ひろおでしょ。

脈絡ないこと書いているけど、この新潮文庫の『ウテナさん祝電です』という本も脈絡ないのよ。

初めて自分の名前で単著を発表した頃のためらう気持ちがよく出てる。

いまの自分の境遇と近くて、「うん。わかる。わかる。」なんて心の中でうなずいている。

首都圏の中流の平凡な家庭に育って、人に語るほどの自分がないから、作家にならず、コラムニストになったという話にも共感する。

こうして小島さんとの出会いで、もう読まねえだろうなあって思ってた本が、立体的に読めるようになったことが、面白い。

80年代のあの、フワフワした時代の空気感まで、伝えていて、意外に楽しめた。

それにしても解説を書いているインチキ臭い外人のバージニア・キャスリン・ローランズって誰だろう。

知りたいなあ。まさか中野翠本人だったりして。

« 1969年の夏、まだ小学生だったぼくはOくんと一緒にコマ劇場付近の映画館をはしごしたことを思い出したのだ。 | トップページ | 路地裏文化研究会という集まりを、ゆっくりと始めようと思う。もう歳だから、あんまりテンションを上げないように気をつけながら。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1969年の夏、まだ小学生だったぼくはOくんと一緒にコマ劇場付近の映画館をはしごしたことを思い出したのだ。 | トップページ | 路地裏文化研究会という集まりを、ゆっくりと始めようと思う。もう歳だから、あんまりテンションを上げないように気をつけながら。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31