交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 胸くそ悪くなるドジョウ君のことなど、しばし忘れて、今夜も落語で眠りたい。 | トップページ | そうか。昨日から「ひらけ!ポンキッキ」づいてるんだけど、俺の記憶の奥底にポンキッキと、この曲When I'm Sixty Fourが重なっているのかもしれないって、改めて音楽の持つ力を感じた。 »

2012年7月28日 (土)

いま日本に一番必要なのはもえみさんが持っていたような破天荒なプラスのエネルギーじゃないかなあ。

いま、何を書きたいって、これしかないよなぁ。
我が家のレジェンド「もえみお姉さん完全復活」!
4月28日のエントリで「ひらけ!ポンキッキ」のことを書いた。

そんな発狂しそうな

そこにも書いた通り、まだ若かりし頃の僕と妻は、当時赤ん坊だった息子そっちのけで、毎日「ひらけ!ポンキッキ」を見ていた。

番組全体のセンスの良さに心惹かれるものがあったから、毎日見ていても飽きなかったのだけど、お姉さん役の木の内もえみさんから発散される異様なプラスのエネルギーに圧倒された。

彼女が、忽然と番組から消えて、お姉さんが変わったとたん、見る気が失せてしまい、申し訳ないが、その後のポンキッキはほとんど記憶にない。

そんな我が家のレジェンドもえみさんが、うちからTXで20分程度のつくばで、鈴木もえみさんとして、元気に活躍していることを知って、すごくうれしかった。

それだけでも、十分うれしかったのに。

なんと、昨日、もえみさんとFacebook友達になったのだ!小島さんのお陰で。

とにかく、当時の映像を見て欲しい。

89年に彼女が突然降板し、翌年バブル景気が崩壊し、80年代が終わった気がした。

それから23年間、日本は失われた○○年間を、ずっと更新し続けている。

« 胸くそ悪くなるドジョウ君のことなど、しばし忘れて、今夜も落語で眠りたい。 | トップページ | そうか。昨日から「ひらけ!ポンキッキ」づいてるんだけど、俺の記憶の奥底にポンキッキと、この曲When I'm Sixty Fourが重なっているのかもしれないって、改めて音楽の持つ力を感じた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 胸くそ悪くなるドジョウ君のことなど、しばし忘れて、今夜も落語で眠りたい。 | トップページ | そうか。昨日から「ひらけ!ポンキッキ」づいてるんだけど、俺の記憶の奥底にポンキッキと、この曲When I'm Sixty Fourが重なっているのかもしれないって、改めて音楽の持つ力を感じた。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31