交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« もちろん気前がいい人だとは思わないけれど、ぼくから見るとごく普通の人の金銭感覚だと思う。 | トップページ | 不勉強なので、虚無僧と尺八の深い関係について、何も知らないが、維新の際の過ちを二度と繰り返してはいけないと思う。 »

2012年6月25日 (月)

たった40年前、ヒデとロザンナのような20代の歌手が、こんな大人っぽい歌詞を歌っていた時代があったことが、いまはもう信じられない気がする。

TSUTAYAの会員カードが更新になるので、由紀さおりの「1969」というアルバムを借りてきた。由紀さおりはもちろんとってもいいんだけど、ヒデとロザンナの曲が入っていて、ふとヒデとロザンナを思い出してしまった。
ヒデの死去と同時に活動停止してしまったから、今はもう忘れてる人も多いけど、ぼくは好きだったなあ。
あまりテレビにも出なくなって、レコード会社もワーナーに移籍してから出した「ロンリー・ウーマン」って地味な曲が好きなんだけど、ユーチューブでは見つからない。オイラのシングルレコードコレクションは、全部母親に捨てられてしまったらしく、どこにも見当たらない。
残念だけど、この曲も好きだったから、貼っちゃう。

子供心に「粋(いき)」って言葉を初めて意識したのは、この曲のタイトルを知った時だと思う。
今は子どもでも、将来は粋な大人にならなきゃいけなんだよなあ、なんて気を引き締めた。
たった40年前、ヒデとロザンナのような20代の歌手が、こんな大人っぽい歌詞を歌っていた時代があったことが、いまはもう信じられない気がする。
話を強引に由紀さおりに戻す。
佐藤利明という「オトナの歌謡曲/娯楽映画評論家」という肩書きの男が解説を書いている。
由紀さおりとPinkMartiniを共演させた仕掛け人だという。

肩書きが気になるので、佐藤利明のしごとをWikipediaで調べたら、学生時代オイラがやりたかったような仕事は、5歳も若い佐藤利明にすべてやられちまっていた。

その仕事ぶりには、どことなく小林信彦~大瀧詠一臭が漂う。

素直に敬服するけど、やっぱりちょっと悔しい。

R大の歌謡曲研究会創設者として、そろそろ気合を入れなおす時かもね。

« もちろん気前がいい人だとは思わないけれど、ぼくから見るとごく普通の人の金銭感覚だと思う。 | トップページ | 不勉強なので、虚無僧と尺八の深い関係について、何も知らないが、維新の際の過ちを二度と繰り返してはいけないと思う。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ロンリー・ウーマンは、笑って笑って60分にヒデとロザンナのお二人が出演されていた頃の曲だったと思います。子供心に印象的な曲でした。今、歌いたい、聴きたい曲ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もちろん気前がいい人だとは思わないけれど、ぼくから見るとごく普通の人の金銭感覚だと思う。 | トップページ | 不勉強なので、虚無僧と尺八の深い関係について、何も知らないが、維新の際の過ちを二度と繰り返してはいけないと思う。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30