交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 最新の空間であるスカイツリーに登って、ぼくは関東大震災でも東京大空襲でも消えることのなかった、江戸という町の骨格を意識してしまった。 | トップページ | 『荷風と東京』は、こんな風に川本三郎さんが自分の足で歩いて発見したワクワク感が満載されているから、名著になった。手を抜けば、あっという間に紋切り型で、平板になりがちな紀行文だけれど、紙上に幻景の町を再現してゆく技は、川本さんならではだと思う。 »

2012年6月13日 (水)

明日辺りから元気が回復しそうな予感はあるけど、とりあえず今夜はなんとなく、「氷雨月のスケッチ」な気分。

しとしと雨が降り続いて、梅雨寒の夜。しばらくぶりで裏起毛のトレーナーなんぞを着てしまた。

まるで晩秋みたい。

こんな寒い夜はジェイムス・テイラーが聴きたくなる。

この前、フェイスブックで佐藤錦水さんがアップしたパット・メセニーを聴いていたら、パット・メセニーがプロデュースしたマイケル・ブレッカー晩年の「ニアネス・オブ・ユー」というバラードアルバムを思い出してしまった。
プロデュースとギターはパット・メセニー、ピアノはハービー・ハンコック、ベースはチャーリー・ヘイデン、ドラムスはジャック・ディジョネットという豪華メンバーが抑制された演奏を聴かせてくれる名盤なのだが、二曲のみジェイムス・テイラーがボーカルで参加しているのだ。

名曲DON'T LET ME BE LONELY TONIGHTと、タイトル曲の「ニアネス・オブ・ユー」 


この二、三週間ばかり、全力疾走してきて、少しばかり疲れたよ。
とうとう日曜日の夕方、心身共に力尽きた。

今日は長い文章も手紙も書く気力なし。

明日辺りから元気が回復しそうな予感はあるけど、とりあえず今夜はなんとなく、「氷雨月のスケッチ」な気分。  

物憂げな鈴木茂のボーカルがいい味出している。

お天気だからいいってもんじゃない。

雨に煙る町だって素敵なんだぜ。

« 最新の空間であるスカイツリーに登って、ぼくは関東大震災でも東京大空襲でも消えることのなかった、江戸という町の骨格を意識してしまった。 | トップページ | 『荷風と東京』は、こんな風に川本三郎さんが自分の足で歩いて発見したワクワク感が満載されているから、名著になった。手を抜けば、あっという間に紋切り型で、平板になりがちな紀行文だけれど、紙上に幻景の町を再現してゆく技は、川本さんならではだと思う。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最新の空間であるスカイツリーに登って、ぼくは関東大震災でも東京大空襲でも消えることのなかった、江戸という町の骨格を意識してしまった。 | トップページ | 『荷風と東京』は、こんな風に川本三郎さんが自分の足で歩いて発見したワクワク感が満載されているから、名著になった。手を抜けば、あっという間に紋切り型で、平板になりがちな紀行文だけれど、紙上に幻景の町を再現してゆく技は、川本さんならではだと思う。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31