交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 初めて見たロケットストーブの魅力にはまってしまった。 | トップページ | しとしと降り続ける雨に濡れた町が、まるで『合葬』の表紙のように見えた。 »

2012年4月24日 (火)

神田明神のある外神田から万世橋、さらに駿河台から神保町界隈は、高校時代からの遊び場なので、歩いているだけでワクワクしてくる。

今日は午後からクリニックに行くので、午後の診療が始まるまで、神田駿河台、神保町界隈を散歩した。

健康体を回復するために、あさの体操とウォーキングは欠かせないのだ。

メトロの御茶ノ水駅を降りて、まずは神田明神へ。

江戸の総鎮守平将門を祀るこの神社は、田中優子さんもお気に入りで、ぼくのパワースポットだ。

同じ思いの人も多いらしく、この神社を参拝する人たちは、かなり気合いが入っていて、本殿の前に立つと、何か異様なムードが漂っている。

将門さんパワーは尋常じゃない。

青木更吉さんに教えてもらったのだが、茨城県の特に、利根川沿いの地域では、将門さんは今でもスーパーヒーローなのだそうだ。

両親のルーツが茨城のわたくしとしては、「まさかど」なんて呼び捨てにできないのである。

022

これからクリニックに行くので、甘酒といえども、酒は酒、しかも今は断酒中。

疲れがふっとぶ天野屋の冷たい甘酒を我慢して、湯島聖堂に向かう。

029 026

どうです。見事でしょ。湯島聖堂。幕府が作った昌平坂学問所。

観光コースでもないし、神社仏閣でもないから、みんな案外知らないんだよな。

都心にあるとは思えないひっそりと静まり返ったがらんとした空間。

よくスーツ姿の男性が、物思いにふけっている姿を見かける。

神田明神のある外神田から万世橋、さらに駿河台から神保町界隈は、高校時代からの遊び場なので、歩いているだけでワクワクしてくる。

湯島聖堂を辞し、風格のある建物を壊してつまんないビルを建てた明治大学を横目に見ながら、東京堂書店に急ぐ。

東京堂書店がリニューアルして、ブックカフェ化しているという。

ところがカフェはスタバもどきの、紙コップコーヒーだった。

ぼくは紙コップで飲むのが大嫌いなので、カフェはパス。

アウトレット本コーナーがなかなか良くって、海野弘の本を買いたくなったけど、不急の本なので、今はパス。

発売されたばかりの「心地よきブックカフェ」という本を購入。

実は那須高原の家をライブラリーカフェに改造しようかと考えているのだ。

那須はいろいろ面白いカルチャーが育っているけど、本を読める場所がない。

「マーマー」とか「ぷーじぷーば」とか児童書のある、いい空間はあるけど、大人の面白い本を読める場所がないから、自分で作っちゃおうかと、考えている。

テーマはズバリ。「杉浦日向子と荷風と大江戸スローライフ」

とうとう書いてしまった。もう、後には引けないぞ。

那須高原らしい、森の生活だの、エコロジーだの、ロハスだのは、いくらでもぼくより詳しい人がいるし、ぼくは日向子と荷風と江戸が生涯のテーマなので、大阪に行こうが、北海道、沖縄に行こうが、自分の好きな日向子と荷風と江戸やその周辺をやりたい。

で、東京堂のはす向かいにある美術書のボヘミアンギルドに行ったら、無料で素敵な版画を見せてもらったので、ストローベイルハウスが載っている『草のちから藁の家』を購入。

そこから歩いて御茶ノ水駅に向かう途中、東さんや栗原さんという知り合いがやっていたので、15年くらい前、よく遊びに行った「ガイア」というエコロジーショップに立ち寄った。

面白い本がないか物色したけど、本自体がずいぶん減ってしまったので、いいものが見つからなかった。

031

こんな激しく変化する世の中で、15年前と同じ場所で、大きな資本の力も借りずに、エコロジーショップを経営しているのは、大した努力だと思う。

八重桜だろうか、ガイアの前の道は春らんまんだった。

だから今夜は、はっぴいえんど「春らんまん」

グレイトフルデッドの「ワーキングマンズ・デッド」のようなコーラスが印象的な曲です。

« 初めて見たロケットストーブの魅力にはまってしまった。 | トップページ | しとしと降り続ける雨に濡れた町が、まるで『合葬』の表紙のように見えた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。今日は荷風忌。で、久しぶりにお邪魔したら、神田周辺の話題が。
あの界隈、私も大好きです。行きつけの蕎麦屋も万世橋の近くにあります。

コメントありがとうございます。荷風忌でしたね。没後50年の時に、市川に行ったのですが、期待外れでした。荷風さんは、ひと知れずひっそりと一人で、雑司ヶ谷のお墓に掃苔しにいったりするのが、いいのだと悟りました。神田明神はぼくのパワースポット。年に数回は行きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めて見たロケットストーブの魅力にはまってしまった。 | トップページ | しとしと降り続ける雨に濡れた町が、まるで『合葬』の表紙のように見えた。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31