交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 『月3万円ビジネス』の装丁は安っぽく、本文の用紙はテカテカした真っ白けの紙で、晶文社らしい個性は失われているけど、中身は『就職しないで生きるには』シリーズを出した晶文社らしい楽しい内容になっていると思う。 | トップページ | 明治以降、長い間江戸文化を古くさい因循なものとして、ぼくたちは教わってきたけれど、前のめりに近代化を推し進めてきた結果が3.11だったと思う。 »

2012年4月21日 (土)

リヴォン・ヘルムに捧げる。40年間ほんとうにありがとう。

名古屋に出張に行って、仕事ではまり、二日間ネットも見なかったら、リヴォン・ヘルムが亡くなっていた。

ザ・バンドのドラマーでシンガー。

「ザ・ウェイト」の名唱が、なんと言っても印象に残る。

リヴォンの歌を最初に聴いてから、もう40年あまりになる。

仕方ないか。それだけ自分も年をとったということ。

ロッカーで70まで生きれば、長生きしたほうかもしれない。

昨夜、出張先のホテルで、テレビを見ていたら、コシノヒロコと女優の杏が、人生の終わりに聴きたい曲ってのを選んでいた。

そこで、ふと思った。

オイラの人生の終わりに聴きたい曲って「ザ・ウェイト」かもしれないなあって。

前に、このブログでも書いたかもしれないけど、なにか新しいことを始めようって気分の時、フレッシュな気分になりたい時、オイラはいつも「ザ・ウェイト」をかける。

映画「イージー・ライダー」で見たイメージが残っているのかもしれない。

他にも書きたいことはあるけど、このエントリはリヴォンに捧げよう。

40年間ほんとうにありがとう。

« 『月3万円ビジネス』の装丁は安っぽく、本文の用紙はテカテカした真っ白けの紙で、晶文社らしい個性は失われているけど、中身は『就職しないで生きるには』シリーズを出した晶文社らしい楽しい内容になっていると思う。 | トップページ | 明治以降、長い間江戸文化を古くさい因循なものとして、ぼくたちは教わってきたけれど、前のめりに近代化を推し進めてきた結果が3.11だったと思う。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リヴォン・ヘルムに捧げる。40年間ほんとうにありがとう。:

« 『月3万円ビジネス』の装丁は安っぽく、本文の用紙はテカテカした真っ白けの紙で、晶文社らしい個性は失われているけど、中身は『就職しないで生きるには』シリーズを出した晶文社らしい楽しい内容になっていると思う。 | トップページ | 明治以降、長い間江戸文化を古くさい因循なものとして、ぼくたちは教わってきたけれど、前のめりに近代化を推し進めてきた結果が3.11だったと思う。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31