交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 小島豊美さんは自分の内なる声に促されて、評判を呼んだ「江戸東京重ね地図」のバージョンアップではなく、精魂を傾けて全く新しい「今昔散歩重ね地図」を作っている。 | トップページ | 過ぎてしまった歳月はもう戻ってこない。だけどいいたい。B級アイドルよ、永遠なれ。 »

2012年4月 8日 (日)

ひっそりとしたひとけのない場所で風雅に桜の毛氈を愛でる花見ってのを、今年こそやってみたい。

お花見の時期がやってきて、花見スポットの周辺は大賑わい。

昨日も江戸川右岸の道路が渋滞していた。

水元の桜土手か、柴又公園にすこしだけ復活した桜が目当てなのかなあ。

そんな都会の桜もいいけど、ぼくはたとえば白井市のはずれの農道沿いに植えられた今井の桜ってのが好き。

今井の桜

写真に惹かれて、数年前手賀公園に行ったときに寄ったら、大型のSUVに乗った家族連れがバンバン押し寄せてきて、農道を占拠してバーベキューなんぞやっていて、農家の人のひんしゅくを買っていた。

トイレはどうするんだろうなんて、つまらぬ心配までしたくなる。

ひなびた農道の中に咲く桜まで、こんな調子なので、いわゆるお花見スポットには足が向かなくなってしまうのだ。

それはさておき、杉浦日向子の『お江戸風流さんぽ道』を読むと、江戸の花見について書いてある。

花見の時期も、現代と異なります。今は七分咲き、八分咲きの散る前を見頃としますが、江戸では散る頃を愛でます。江戸で「桜」といえば、一弁の花びらの形、これを単弁桜と称します。空にハラハラと花弁が舞い、春先の黒くて柔らかい土の上に薄紅色の花びらが積もり、一面、桜の毛氈となる状態を愛でるのが正統派の花見。桜は散りそめてこそ風雅なり、なのです。

寒風が肌を刺すような気候の残る時期に、バタバタと忙しく花見をやるのではなく、ちょっとだけ暖かくなった四月半ば以降に、ひっそりとしたひとけのない場所で風雅に桜の毛氈を愛でる花見ってのを、今年こそやってみたい。

今日は日向子さんが好きだったリトルフィートにしたかったけど、ローウェル・ジョージの歌声は暑苦しい曲ばかりで、いいのが見つからない。

だから、ベタで申し訳ないけど、今朝はさわやかに大貫妙子の「春の手紙」

« 小島豊美さんは自分の内なる声に促されて、評判を呼んだ「江戸東京重ね地図」のバージョンアップではなく、精魂を傾けて全く新しい「今昔散歩重ね地図」を作っている。 | トップページ | 過ぎてしまった歳月はもう戻ってこない。だけどいいたい。B級アイドルよ、永遠なれ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小島豊美さんは自分の内なる声に促されて、評判を呼んだ「江戸東京重ね地図」のバージョンアップではなく、精魂を傾けて全く新しい「今昔散歩重ね地図」を作っている。 | トップページ | 過ぎてしまった歳月はもう戻ってこない。だけどいいたい。B級アイドルよ、永遠なれ。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31