交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ユーラシア大陸の見知らぬ町に住む音楽家の奏でる音楽を聴いていると、 ちょっとだけ自分の狭い世界が広がったような、ゆったりした気持になる。 | トップページ | ゴールデンウィークの一日くらい、会社のことも、放射線量のことも忘れて、水元公園の木陰で「ウォールデン」なんか読むのもいいなあ。 »

2012年3月20日 (火)

ゆっくりと、時間は一方向に流れてゆき、ぼくの食道とちがって、残念ながら逆流することなどないのだ。

久しぶりに暖かい気持ちのいいウィークデイのお休み。
ぼくは老犬の介護で忙しい。
いつものようにカミさんは仕事なので、本日の家事はぼくの仕事。
一度おしっこさせるのに、5分はかかる。
全部出し終わったと思って、おしめを着けたとたんに、いきなりジャーっと始まったりする。
1995年のクリスマスに赤いリボンのついた小箱から飛び出してきた元気な子犬が
いまはぼくの手の中で、両方の目玉がつぶれ、痩せこけた老犬として、
食事も、排泄も何も出来ない無力な生き物として、じっとしている。

それでも、この犬と過ごしてきた月日を思うと、こんな惨めな老犬がたまらなく愛おしくなる。

小学生だった息子は、社会人になって、とっくに家を出た。
もう一つ屋根の下に暮らす家族ではない。
青年だったぼくも、初老のじいさんになった。
ゆっくりと、時間は一方向に流れてゆき、ぼくの食道とちがって、残念ながら逆流することなどないのだ。
過ぎ去っていった時間はもう戻ってこない。
早晩、我が愛犬も、事故死した愛猫タマ姫の所に旅立つにちがいない。
そしてぼくにとっても、この世の知り合いよりも、あちらの世界に顔なじみが増えてゆく。

もうすぐ4月、今年もまた、桜の花は咲くのだろう。
桜の木のある小道で落ちてくる花びらを、夢中になって追いかけたあの日を、

彼女は覚えているのだろうか。

シュガーベイブの「過ぎ去りし日々」を貼り付けたいのだけど、見つからなかった。

おかげで頭がシュガーベイブモードになってしまったので、例によってひとひねり加えて、

ナイアガラ・トライアングルから山下達郎の「パレード」を貼ります。

シュガーベイブのリズム隊に加えて、坂本龍一がピアノで、吉田美奈子がボーカルで参加したこのメンバーをぼくは第二期シュガーベイブだと思っています。

« ユーラシア大陸の見知らぬ町に住む音楽家の奏でる音楽を聴いていると、 ちょっとだけ自分の狭い世界が広がったような、ゆったりした気持になる。 | トップページ | ゴールデンウィークの一日くらい、会社のことも、放射線量のことも忘れて、水元公園の木陰で「ウォールデン」なんか読むのもいいなあ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ユーラシア大陸の見知らぬ町に住む音楽家の奏でる音楽を聴いていると、 ちょっとだけ自分の狭い世界が広がったような、ゆったりした気持になる。 | トップページ | ゴールデンウィークの一日くらい、会社のことも、放射線量のことも忘れて、水元公園の木陰で「ウォールデン」なんか読むのもいいなあ。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31