交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 地図マニアにそそのかされて | トップページ | 来なくていいが、あれからホリエモンは一度でも葛飾区内に足を踏み入れたことがあるのだろうか。 »

2012年3月 4日 (日)

色川大吉さんの話を読むと明治の父祖たちの志に対して、勉強不足な自分が恥ずかしくなる。

先日朝日新聞の時の回廊というシリーズに色川大吉さんが登場して自由民権運動について語った「変革の志 復興の情熱に」という言葉が印象に残った。
朝日新聞のウェッブ版にはアップされていないようなので、個人のブログを探したら酔流亭さんという方のブログで紹介されている。

酔流亭日乗

好きな作家に荷風さんと日向子さんの名前がないのが、不思議に思えるようなタイトルのブログだけど、内容が充実していて、感心してしまった。

逆流亭写楽斎としては、久々に刺激を受ける内容のブログを発見した感じで、ちょっぴり嬉しい。

内容からすると、ぼくと同じ東葛飾地域にお住まいの人かもしれない。

そういえば佐原生まれの色川大吉さんは我孫子に縁の深い人で、地元で地域史を研究している仲間の人たちから、色川さんの名前を聴いたことがある。

ぼくはシュガーベイブでデビューした二人のうち、山下達郎のように、この道一筋何十年というのが苦手で、大貫妙子のように常に新しい刺激を求めてしまう体質がある。

そんな体質だから『ぼくたちの野田争議』の仕事をやり終えて、少しばかり地域史とは違うことがやりたくなっているのだが、こんな記事を読むと、利根川水系の地域共通の街の記憶「自由民権運動」について、おれたちはもっともっと知るべきなんじゃないか、なんて考えこんでしまう。

手元にあるNHKブックスの『民権百年』巻末の地図を改めて見ると、明治10年代にものすごい数の民権結社が発生していたことを知る。

なんだか明治の父祖たちの志に対して、勉強不足な自分が恥ずかしくなる。

心はゆれゆれだあぁ。

某音楽雑誌では、大瀧詠一のプロデュースがダメなんて評価を食らって、全く売れなかった、このアルバムが廃盤になるのが不安で、ぼくが急いでレコード屋に走ったことなど、今の若い人は信じてくれるでしょうか。

今から35年前、当時すでに完成されていた山下達郎と大貫妙子のシュガーベイブ「ソングス」の名曲をどうぞ。

« 地図マニアにそそのかされて | トップページ | 来なくていいが、あれからホリエモンは一度でも葛飾区内に足を踏み入れたことがあるのだろうか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
先日は拙ブログにお越しくださり、ありがとうございました。
嬉しいブログ名ですね。荷風の『葛飾土産』、好きです。石川淳はこの随筆をもっとも高く評価していました。

酔流亭さん、コメントありがとうございます。
タイトルに気づいていただいて、無茶苦茶うれしいです。
そうでしたね。
石川淳は戦後の荷風をけなしたけれど、たしか「葛飾土産」だけは評価したんですよね。
また、そちらのブログに遊びに行かせてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地図マニアにそそのかされて | トップページ | 来なくていいが、あれからホリエモンは一度でも葛飾区内に足を踏み入れたことがあるのだろうか。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31