交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ゴールデンウィークの一日くらい、会社のことも、放射線量のことも忘れて、水元公園の木陰で「ウォールデン」なんか読むのもいいなあ。 | トップページ | 今日からは、荷風さんやJ・Jと同時に、R.W.エマソンの『自己信頼』をいつも心の片隅に置いて、暮らしたい。 »

2012年3月31日 (土)

高齢者であるJ.J.の ヒップな魂が躍動する姿は、自分が初老になった今だから、どんなにすてきで価値があることだったのか、よくわかる。

いま勤めている会社の人に、このブログのことはあんまり言わないようにしていたんだけど、
先日酔っ払った時に、しゃべってしまったらしく、Hさんという先輩社員がこのブログを読んでいるって、教えてくれた。
会社の仕事のことは一切書かないけど、きままに好きなことを書きづらくなるから、職場には内緒にしていたのに、ちょっとあせる。
でもね。
Hさんの言葉でとってもうれしかったのは、植草甚一の匂いを感じるって言ってくれたこと。
最近なんとなくだけど、植草甚一が気になっていた。
アメリカの作家たちが気になりだしたからなのかなあ。

そういえばぼくは海外暮らしの長いHさんに、どことなく片岡義男の匂いを感じることがある。
植草甚一と片岡義男って、伝説の雑誌「ワンダーランド」を一緒に作った仲間だったはず。
なんか通じるものがあるのかもしれない。
調子に乗って中央図書館で晶文社から出た「植草甚一スクラップブック 植草甚一の研究」と高平哲郎『植草さんについて知っていることを話そう』を借りた。
ほかには『ウォールデン 森の生活』の新訳など3冊。

「散歩と雑学がすき」と言いながら、ジャンルを横断して、コラージュのような本を出し続けたJ.J. は僕にとって、永井荷風以上に、究極の理想形態だと、最近思うようになった。
もちろん興味の範囲や、持っている資質や、時代背景が違うから、いまさらJ.J. と同じことをやろうなんて、これっぽちも思わない。
大学では建築を学び、映画会社に勤めていたJ.J. が、本来専門外である文学やポピュラー音楽を力尽くで自家薬籠中のものにして、自分の世界を切り開いて、60歳を過ぎてからキラキラ輝く植草ワールドに高めてゆく。

高齢者であるJ.J.の ヒップな魂が躍動する姿は、自分が初老になった今だから、どんなにすてきで価値があることだったのか、よくわかる。

J.J. が聴いていると「胸の中が熱く煮えたぎるようになり、深夜の街をさまよい歩きたくなる」というマイルス・デイヴィスの「ラウンド・ミッドナイト」を本日の締めくくりに。

« ゴールデンウィークの一日くらい、会社のことも、放射線量のことも忘れて、水元公園の木陰で「ウォールデン」なんか読むのもいいなあ。 | トップページ | 今日からは、荷風さんやJ・Jと同時に、R.W.エマソンの『自己信頼』をいつも心の片隅に置いて、暮らしたい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴールデンウィークの一日くらい、会社のことも、放射線量のことも忘れて、水元公園の木陰で「ウォールデン」なんか読むのもいいなあ。 | トップページ | 今日からは、荷風さんやJ・Jと同時に、R.W.エマソンの『自己信頼』をいつも心の片隅に置いて、暮らしたい。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31