交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 人と人がつながるってことの意義を、考えなおす機会を与えられた一年でもあった。 | トップページ | ユーラシア大陸の見知らぬ町に住む音楽家の奏でる音楽を聴いていると、 ちょっとだけ自分の狭い世界が広がったような、ゆったりした気持になる。 »

2012年3月17日 (土)

『マックス・ヴェーバー入門』という小さな本で、師を尊敬することは、師を乗り越えることだと、山之内靖は教えてくれている。

教会に通うのをやめてから30年経つ。

その頃通っていたのは、日本基督教団というプロテスタントの教会だった。

別にクリスチャンだったわけではない。

社会人になって、仕事と人生について考えるようになって、いろんな悩みが出てきて、自分一人の頭で考えていても答えがだせなくて、教会に通い始めたのだ。

結局、そこでも答えは見つからず、キリスト教と手を携えてやってきたモダニズム全体に批判的な目を向けるようになって、数年後ウィリアム・モリスと出会い、さらに数年後魂のふるさと江戸人の生き方に心揺さぶられて、いまに至る。

教会に通っていた頃、ぼくはマックス・ウェーバーという20世紀最大の知の巨人を追っかけていた。
特に好きだったのが名著『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』。
読みづらい訳だったけど、ウェーバーにしては難解な本ではなく、プロテスタントの一派であるピュウリタニズムから、予期せぬ結果として、近代の資本主義社会の起業家精神が生まれてくるというそのスリリングな論理の展開に圧倒された。

戦後を代表する知識人大塚久雄は、『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を翻訳したことでも有名だけど、その大塚久雄が岩波新書の『社会科学の方法』でこんなことを書いている。

彼がそうしたピュウリタニズムの精神的雰囲気というものを驚くほど深く理解し、またそれに対して深い尊敬と親近感をもっていて、それが彼の学問の一つの基調になっていることは確かだと思います。

「そうかなあ」って思ったが、何しろ相手はあの大塚久雄である。

間違ったことを言うわけなどない、とてつもなく偉い学者だと思っていたし、いまでも大塚学史学は自分の思考の基礎になっている。

だけど、この部分には納得できないものを感じて、教会を離れたとたんにウェーバーへの興味も急速にしぼんでしまった。

ところが、『ぼくたちの野田葬儀』の打ち合わせの時に、編集者のKさんがマックス・ウェーバーの話をするもんだから、ふとそのころの思い出がよみがえった。
そこで山之内靖『マックス・ヴェーバー入門』を読んでみた。

山之内靖はもともと大塚久雄の弟子だったから、1997年に出版された当時も読む価値などない本だと思っていた。

ああ。15年間もこの本を読まずに過ごしてきた自分が悲しい。

30年前の若き日、自分の心に引っかかった部分を、山之内靖は見事に解説してくれている。

ウェーバーはピューリタンの擁護者などではなく、ニーチェと並ぶモダニズムを批判した思想家だったのね。やっぱり。

山之内靖は真摯に学問に取り組んだ結果、師である大塚久雄を乗り越えていることに、感銘をうける。

アマゾンで誰かが、この本を新赤版最高の名著って書いているけど、ぼくもそう思う。

『社会科学の方法』は今でも読まれなければいけない、青版最高の名著の一つだと思う。

だけど、内村鑑三門下のクリスチャンだった大塚は、ウェーバーが言いたかった一番大事なポイントを見誤ったと思う。

『マックス・ヴェーバー入門』という小さな本で、師を尊敬することは、師を乗り越えることだと、山之内靖は教えてくれている。

« 人と人がつながるってことの意義を、考えなおす機会を与えられた一年でもあった。 | トップページ | ユーラシア大陸の見知らぬ町に住む音楽家の奏でる音楽を聴いていると、 ちょっとだけ自分の狭い世界が広がったような、ゆったりした気持になる。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人と人がつながるってことの意義を、考えなおす機会を与えられた一年でもあった。 | トップページ | ユーラシア大陸の見知らぬ町に住む音楽家の奏でる音楽を聴いていると、 ちょっとだけ自分の狭い世界が広がったような、ゆったりした気持になる。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31