交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 杉浦日向子と「ホール・アース・カタログ」ついでにスティーブ・ジョブズ、もしかするとみんな仲間かもね。 | トップページ | 歳を重ねてやっと開いてきた個性だってある。 »

2012年2月17日 (金)

これから忙しくなっていくのかもしれないなあ。

図書館に寄って、「本づくり」に関する重たい本を3冊も借りて、えっちらおっちら運んで家に帰ると、詩人のSさんから5冊も本が届いている。
Sさんが前から貸してくださると言っていた野田文学会の森本房子さんの小説だ。
他に郷土史家のTさんから手紙と、出版社から原稿のゲラ刷りも届いた。
普段は、満員電車でもみくちゃにされる孤独な疲れたサラリーマンオヤジだけど、たまにはこんな時だってあるんだぜなんて、ひとりでほくそ笑む。
今日は、雪の中を歩いて、ほんとに疲れた。
けどね。
大病した友達から、なんとか復活して、命のはかなさを感じながら、がんばっているなんて、内容のメールをもらっちゃったら、遊んでらんないよ。
ほんとは京成立石あたりの居酒屋で昼の2時頃から飲み始めて、銭湯行って、軽く晩飯食べてつまんないTV見ないで、8時頃寝ちゃったりするのんきな暮らしにあこがれるのだけど、現実は週末なんか深夜3時頃まで仕事して、朝10時か11時頃頃起きるような、若いときと変わらぬハードワーカーぶり。
こうやって、いつまでたっても成熟しないで、青臭いこと言ったり、書いたりして、きちんとした大人になった同級生たちから笑われ続けるんだろうな。
だいたいオイラは友達にスナックなんか連れて行かれても、フレンドリーでカジュアルな会話って出来なくて、お店の人と敬語でしゃべっちゃうから、あんまり相手にされないし。
ああ、何書いてるんだろ。我ながらつまんないこと書いてる。

そうなの、ゲラ刷りが来たの。疲れが吹き飛ぶ気分なんだ。実は。
これから忙しくなっていくのかもしれないなあ。
暖かくなったら、本が出る。そしたら、ぼくは原稿なんか書かずに、那須に行って、丸のことハンマーと墨壺持って、セルフビルド始めるからね。今年は絶対。
だから急いで仕上げなきゃ。

永遠に青臭いところが魅力なのがジャクソン・ブラウン。中でも素朴なファースト・アルバムが一番好き。
だから、バーズもカバーした大好きな一曲「ジャマイカ・セイ・ユー・ウィル」で元気出してゆくね。


« 杉浦日向子と「ホール・アース・カタログ」ついでにスティーブ・ジョブズ、もしかするとみんな仲間かもね。 | トップページ | 歳を重ねてやっと開いてきた個性だってある。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これから忙しくなっていくのかもしれないなあ。:

« 杉浦日向子と「ホール・アース・カタログ」ついでにスティーブ・ジョブズ、もしかするとみんな仲間かもね。 | トップページ | 歳を重ねてやっと開いてきた個性だってある。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31