交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« これから忙しくなっていくのかもしれないなあ。 | トップページ | ピーター・ドラッカーが言うように、健全な労働組合、さらにNPOや協同組合がなくては成り立たないのが、20世紀以降の資本主義社会なんだよ。不勉強な橋下くん。 »

2012年2月18日 (土)

歳を重ねてやっと開いてきた個性だってある。

この前、森高千里の「渡良瀬橋」を貼り付けたので、そういやあ森高って、そのあとどうなったんだろうって、気になりだした。
たまにCMで歌声が聴けるので完全に引退していることも知らなかったんだけど、1999年の引退まで動画を追っかけて、2008年のライブ映像も見てしまった。
歳をとるってこと、スターでいること、について考えこんでしまった。
特に2008年のライブ映像は見ていて辛かった。
「渡良瀬橋」を歌い終わったあとの彼女の表情が、すべてを物語っていた。
マイケル・ジョーダンがウィザーズで二度目の現役復帰をしたとき、ダンクシュートを失敗したシーンを見てしまったときうけた衝撃にも似ている。
「娘の同級生の森高似のきれいなお母さんが、学芸会の舞台で森高の真似をしているけど、イマイチうまくいかない絵図」といった感じに見えてしまう。
ぼくら凡人には手の届かない世界にいる一線級のスターや有名人がどれだけ苦労して、本人のイメージ通りの世界をつくっているのか、よくわかる。
けれど、歳を重ねるってことの冷酷さは、スターだけじゃなく、ぼくら凡人も同様。
去年は出来ていたことが、ゆっくりと出来なくなってゆく。
たとえば暗がりを、壁にぶつからずに歩くこと。
顔面から壁にぶつかって、眼鏡が床に落ちて、年齢を痛感する。
それでもどっこい、ぼくは生きている。
死んでしまった友のことを思えば、雪の夜から一夜明けた
まぶしいほどの青い空を見ることが出来る。
それで十分かなって、思う。

「歳を重ねてやっと見えてきたこともいっぱいある。」
「歳を重ねてやっと開いてきた個性だってある。」

そんなことを思いながら、大貫妙子のわりと最近の曲で大好きな「Time To Go」を探したら、ユーチューブにアップされてた。
松任谷由実や、吉田美奈子や、矢野顕子のような同年代の強い個性に囲まれて、若い頃は線が細い印象だった大貫妙子の存在感が増している。
どんどん良くなっている。
「Time To Go」は50代の彼女だから歌える唄だと思う。



« これから忙しくなっていくのかもしれないなあ。 | トップページ | ピーター・ドラッカーが言うように、健全な労働組合、さらにNPOや協同組合がなくては成り立たないのが、20世紀以降の資本主義社会なんだよ。不勉強な橋下くん。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歳を重ねてやっと開いてきた個性だってある。:

« これから忙しくなっていくのかもしれないなあ。 | トップページ | ピーター・ドラッカーが言うように、健全な労働組合、さらにNPOや協同組合がなくては成り立たないのが、20世紀以降の資本主義社会なんだよ。不勉強な橋下くん。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31