交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 原宿富士鳥居の店主栗原直弘くんが亡くなった?嘘だろ! | トップページ | 生涯忘れられない一週間になった。 »

2012年2月 4日 (土)

栗原くん、ほら外はいい天気だよ。帽子をかぶってでかけようよ

このブログに古美術店富士鳥居の栗原直弘くんのことを書いた途端、モーレツにアクセス件数が増えて、ふだんの10倍くらいに増加した。
栗原くんはどれほど多くの人に愛され、頼りにされ、大きな影響を与えたのだろうか。
高校時代までの彼しか知らない、決して親友とは言えない、ただのクラスメートにはうかがい知れぬ、ひとりの男の残した功績について思う。

今晩、栗原くんに最後の別れをしてきた。
ご遺族とも話をしたが、プライバシーに関わるので、内容は書かない。
ただ一つ書きたいのは、「もっと体を大事にして欲しかった」ということ。
けれど、いつも一生懸命だった、彼らしい終わり方だったのかもしれない。
そんな思いも一方ではある。
自分らしく、しっかりと死ぬまで生きたということかもしれぬ。

定年退職して、暇になったら、栗原くんにもっともっと日本文化について教わりたいと思ってた。
知り合いのつてで、そのうち会えると期待していた高田喜佐や杉浦日向子にも会えずに終わり、今また栗原くんに先立たれてしまったのだ。
痛恨の極みである。

お通夜の晩に、ぼくが彼に捧げる曲と言ったら、再登場だけど、もうこの曲しかない。
初めて書いた小説のタイトルにもした一番好きな曲

はっぴいえんど「外はいい天気」

「栗原くん、ほら外はいい天気だよ。帽子をかぶってでかけようよ」


« 原宿富士鳥居の店主栗原直弘くんが亡くなった?嘘だろ! | トップページ | 生涯忘れられない一週間になった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗原くん、ほら外はいい天気だよ。帽子をかぶってでかけようよ:

« 原宿富士鳥居の店主栗原直弘くんが亡くなった?嘘だろ! | トップページ | 生涯忘れられない一週間になった。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31