交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« いま、再び、ロックのようなカウンター・カルチャーを時代が必要としている。 | トップページ | 古い友人が一瞬のうちに仲間として共感しあえる関係に戻れる。これがソーシャルメディアの力。 »

2012年1月 9日 (月)

だから金町のお祭りは気合が違う。

しばらく地元のローカルな話題を書いていない。
このところ近場を散歩してないから仕方ないよなあ。
だから今日は松戸に寄ってから東金町の葛西神社に初詣に出かけた。
新年になって初めてのまともな外出。
あちこち行ったけど、食事はやっぱり松戸駅前の軍次家にした。
ファミレスでも和風定食なら千円以上するのは当たり前の時代に、ここの千円のランチはお値打ち品。
ベタベタしない接客も気持ちいい。常連もぼくのような年数回しかいかない客も分け隔てないのがうれしい。

千円でものすごく贅沢な気分になれる。

ビルの二階のひっそりとした店だが、いつ行っても、必ず何組かお客がいる隠れた人気店だ。

軍次家

帝釈天に行って、柴又の有名店で食べようかと思ったけど、どの店もハッキリ言って、高くてまずい。

営業努力なんてしなくても、全国から観光客が、観光バスに乗ってやって来るのだから、リピート客なんてどうでもいいってことだろうね。
柴又は観光客にお任せし、松戸で食べて、葛西神社にお参りってのは、我ながらいいチョイスだったと、自画自賛。

松戸宿の商店街があと少し、魅力アップしてくれれば、松戸だけで完結する松戸神社~坂川周遊コースもおすすめ。

もうひと頑張りを期待したい。

葛西神社は帝釈天のように有名ではないけど、旧武蔵国葛飾郡では大変由緒ある神社で、東京の神社で聴かれるお囃子は葛西囃子がルーツだと言われる。

だから金町のお祭りは気合が違う。


おみくじを引いたら「大吉」だった。

気分がいいので、こっそりとっておいた昭和歌謡史に残る隠れた名曲いしだあゆみ「夢でいいから」聴いてください。

明日は仕事だ。

そろそろいい夢みたい。もうお休みなさい。

« いま、再び、ロックのようなカウンター・カルチャーを時代が必要としている。 | トップページ | 古い友人が一瞬のうちに仲間として共感しあえる関係に戻れる。これがソーシャルメディアの力。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だから金町のお祭りは気合が違う。:

« いま、再び、ロックのようなカウンター・カルチャーを時代が必要としている。 | トップページ | 古い友人が一瞬のうちに仲間として共感しあえる関係に戻れる。これがソーシャルメディアの力。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31