交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 近々、柏市民ギャラリーで「ひいらぎ展」があります。 | トップページ | 雪の週末はやっぱり日本酒がいいね。 »

2012年1月16日 (月)

いつでも川を見れば「イージー・ライダーのバラード」が始まる。

いままで何度も書いているけど、ぼくが住んでいる松戸、市川や対岸の葛飾区、三郷市は江戸川周辺の水景が美しい町だ。
今日の午後金町で、隅田川に近い押上で育った画家の宮田さんと話をしていたら、やっぱりぼくは水景が好きってことを再認識した。
台東区や墨田区のような下町の工場街に架かる橋から見る夕日っていうシチュエーションも大好きなんだけど、どっちかというと郊外が落ち着くタイプなので、水元公園に代表される葛飾区の田舎っぽさも好き。
そういえばこのブログも水元公園があんまり気持よかったので、そこから始まった。

水元公園に行った

あの頃、ブログを書くのに疲れてしまって、一年ぶりくらいだったのかな。

水元の水景に心の底から癒されて、のんびりムードで始めてみようと思った。

そんな水元でも一番好きな水景がこれ。

閘門橋

初めて見たとき、夕日に浮かび上がるレンガ橋の美しさにみとれ、うっかり落涙しそうになったくらい感動した。

ウェストコーストのロックを好きになった高校生の頃から、川を見るたびに、自然に口ずさんでしまうのが、ザ・バーズの「イージー・ライダーのバラード」という曲。

川を見ながらこの曲のイントロが頭の中で始まるだけで、ぼくの心は青春時代に戻って、ちょっとだけ幸せな気持になる。

« 近々、柏市民ギャラリーで「ひいらぎ展」があります。 | トップページ | 雪の週末はやっぱり日本酒がいいね。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 近々、柏市民ギャラリーで「ひいらぎ展」があります。 | トップページ | 雪の週末はやっぱり日本酒がいいね。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31