交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 行き過ぎたデジタル依存症は町を壊す。 | トップページ | なんだかわかんないけど、デビッド・ボウイ「ロウ」を聴きたくなった。 »

2012年1月22日 (日)

聴衆の幸せそうな笑顔を見て、こっちまで心が暖かくなる

今日も午後から野田文学会に行った。
今まで、創作者として文学に真剣に取り組んでいる人なんて、あまり自分の周辺にはいなかったので、刺激をうけることが多い。
会社員の世界とは全く違う世界で、普通に生活していたら絶対に知り合うはずのなかった人が、気がつくと知り合いになって、熱くなって口論したりする。

いろんな話が出てくるわけだが、プロフェッショナルな作家さんならともかく、アマチュアの文芸愛好家である作者が何かの作品を通して表現したいモノがあるなら、表現する技術だけではなく、それが自分にとってどれだけ切実さをもったテーマなのかが、作品のレベルを大きく左右するコトに気づかされる。

表現したいモノの深さ×表現する技術=作品のレベル

そんな大切なコトを気づかせてくれる文学会の仲間たちに、深く感謝したい。

そして、学生の時も、会社員の世界でも、どこにいっても、いつも周囲から浮いている自分に「野田文学会」という居場所を教えてくれた文筆家のTさんや、電話で励ましてくれる詩人のSさん。

たとえ人数は少なくても、そんな仲間がいることが嬉しいです。

やっぱりジェイムス・テイラーが好きだ。

というエントリでキャロル・キングとジェイムス・テイラーのジョイントコンサートを貼りつけた。

同じ「You've Got A Friend」という曲だけど、今度はジェイムス・テイラー単独のコンサートを見てください。

聴衆の幸せそうな笑顔を見て、こっちまで心が暖かくなるから。

それが月曜日の寒い朝、仕事に出かけてゆくエネルギーになるから。

« 行き過ぎたデジタル依存症は町を壊す。 | トップページ | なんだかわかんないけど、デビッド・ボウイ「ロウ」を聴きたくなった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聴衆の幸せそうな笑顔を見て、こっちまで心が暖かくなる:

« 行き過ぎたデジタル依存症は町を壊す。 | トップページ | なんだかわかんないけど、デビッド・ボウイ「ロウ」を聴きたくなった。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31