交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 子供の本が読みたい。 | トップページ | この歳になって「やかまし村」を初めて読んだ »

2011年12月18日 (日)

野田文学会に行って、久しぶりに小説を書こうと思った。

野田文学会に行って、文芸のいろいろな分野で創作活動をしておられる方々の話を聴いた。

特に詩人の方の話を聴くと、とても参考になる。

小説や随筆に比べて、なんて自由な世界なんだろうって、羨ましくなる。

いや、本当は小説だって自由な世界なのだが、ぼくの教養レベルで永井荷風の「ぼく東綺譚」のような起承転結のはっきりしない無茶苦茶に自由な小説を書いても、読んでくれる人はいないだろうからなあ。

ぼくは、永六輔が書くような唐突に変化してゆく文章が好きなのだが、小説でそれをやったら叱られる。

だからブログを書くのが一番楽しい。

このブログで何度も書いている通り、小説を書くのはツライ。

完成した時の喜びは大きいけど、ツライから逃げたくなる。

でもやっと、野田文学会のお陰で新しい小説を書く気持になってきた。

主人公の名前はヒロシ。もと不良少年だった学校教師。

ちなみに、どうしてヒロシなのか、ちょっとした仕掛けがあるのだが、内緒。

いずれわかってくるよ。

この作品を前に書いた短編「鉄塔が輝くとき」とゆるやかに繋げて、さらにいくつかの短編を作って「スモール・タウン・トーク」という作品集に仕上げて、小さな町に暮らす人々の情景を描いてみようと考えている。

小説のタイトルは未定だけど、ここまで書いたらもう後には引けないよね。

仕方ない、やるか。

最近仲良くなったsuki117さんという画家さんのブログで、描いた絵を見ていたら、ローラ・ニーロの「ミッドナイト・ブルー」が聴きたくなってしまった。

妙にひねくれて、覚めた高校生のころから好きだった曲。

49歳で亡くなる寸前まで、一貫して自分色の音楽を追求し、創作活動を続けたローラ。

ぼくはまだ自分色を見つけたなんて、とても言えないけれど、表現者として少しでもローラに近づきたいと思っている。

« 子供の本が読みたい。 | トップページ | この歳になって「やかまし村」を初めて読んだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野田文学会に行って、久しぶりに小説を書こうと思った。:

« 子供の本が読みたい。 | トップページ | この歳になって「やかまし村」を初めて読んだ »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31