交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« もはや いかなる権威にも倚りかかりたくない | トップページ | われは昭和の児ならずや »

2011年12月 4日 (日)

昭和に育ってよかったね。

ひさしぶりに三郷に行った。

歳末商戦で賑わう中、人ごみをかき分けてイトーヨーカドー二階の本屋にたどりついて、ひまを潰してたら、「こころ」っていう文芸雑誌を見つけた。

版元はぼくの好きな平凡社。

文芸雑誌は自分が関係したもの以外は、荷風さん関係情報が充実している「三田文学」くらいしか買わないようにしているのだが、平凡社の雑誌だし、特集が「岩谷時子の歌の世界」とある。

昭和の歌謡曲マニアとしては、立ち読みするだけではおさまらず、つい買ってしまった。

ぼくが物心ついてから、小学生の頃までだろうか。

作詞家岩谷時子の黄金時代だった。

岩谷時子というと、加山雄三のイメージが強かったのだが、今回改めて見ると、越路吹雪を世に送り出し、その後の和製ポップスとよばれたアイドル歌手たちの歌を一手に手がけて、日本で最初の女性作詞家として新しい時代を切り開いた人だったことを知った。

越路の『愛の讃歌』を皮切りにザ・ピーナッツ『恋のバカンス』『ふりむかないで』や加山雄三『君といつまでも』、ピンキーとキラーズ『恋の季節』、佐良直美『いいじゃないの幸せならば』なんてまだ序の口で、質量ともに昭和中期の歌謡史に名を残す人だと思う。

よおく、考えると『恋のバカンス』の歌詞なんて、昭和30年代の日本じゃ、ものすごく過激なことを歌っている。

それなのに、ちっとも汚らしくないのは、ザ・ピーナッツの歌唱力もさることながら、岩谷時子のセンスの良さだろうな。

ピーナッツの初期の作品なんか全部よくって、紅白で唄った『ウナセラディ東京』をユーチューブで聴いていたら、思わず目が潤んでしまった。

数ある岩谷作品の中でもピカ一は園まりの『逢いたくて逢いたくて』だと思う。

園まりって、他にもいい曲はたくさんあるけど、この曲だけがダントツに光っている。

この曲を録音したとき園まりはおそらく二十歳か二十一歳くらい。

ちょっと信じられないほど成熟している。

原曲はザ・ピーナッツの7枚目のシングル「手編みの靴下」なので、そっちも聴いたけどピーナッツバージョンはイマイチで、園まりが唄ったから、名曲になった。

「心の糸が結べない 二人は恋人」って部分、何度聴いてもゾクゾクする。

今の若い歌手も上手な人、大勢いるけど、園まりのように日本語を美しく丁寧に、しかも艶っぽく唄える若い子はいるのかなあ。

以前息子に聴かせたことがあるが、今の若い子の耳には、この曲は演歌にしか聴こえないみたい。

おれたち昭和に育ってよかったね。

« もはや いかなる権威にも倚りかかりたくない | トップページ | われは昭和の児ならずや »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和に育ってよかったね。:

« もはや いかなる権威にも倚りかかりたくない | トップページ | われは昭和の児ならずや »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31