交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 昭和が遠くなってゆく | トップページ | 菜の花や月は東に日は西に »

2011年11月12日 (土)

ひなたぼっこが俺の趣味

朝寝坊をしたけさ、急いで燃えるゴミを出しに行った帰りに空を見上げたら、久しぶりに抜けるような青空だった。

一瞬、「イッツ・ア・ビューティフル・デイ」のジャケットが脳裏をよぎったが、今の東葛飾地域の青空はカリフォルニアの青い空じゃぁないだろう。

じゃあなんだっけと、考えたら、頭の中でキンクスの「ひなたぼっこが俺の趣味」のイントロが始まった。

「むらの緑を守る会」なんてアルバムまで作ってしまったイギリスのへんちくりんロックバンド。

黄昏の大英帝国のムードを色濃く漂わせる、よじくれて、肩から力の抜けた曲と歌詞。

今のオイラの気分にぴったり。

もちろんこの曲はTPP参加を表明したばかりの野田くんに捧げよう。

日本人ですら東日本の野菜を買わないこの時期を狙って、アメリカの農家が日本の農家をつぶしにやって来る。

千載一遇の絶好のチャンスだとばかりに。

日本の消費者にとって、放射能の恐怖に比べれば、ポストハーベスト農薬など、物の数でもなく。

そんなアメリカの横暴に加担する野田くんのような男には、キンクスの魅力など永遠にわからないだろう。

「保存」「保護」といった意味のPreservationというのがキンクスのキーワードで、こんな状況だから余計に身にしみる。

そして、キンクスが人気バンドになるような、そんな成熟した社会になったら、日本はきっと楽しい国になると思う。

もう肩を怒らせて成長、成長って騒ぐ必要あるのかい。

どこまで経済大国になれば、オレたち幸せになれるんだろう。

« 昭和が遠くなってゆく | トップページ | 菜の花や月は東に日は西に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひなたぼっこが俺の趣味:

« 昭和が遠くなってゆく | トップページ | 菜の花や月は東に日は西に »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31