交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月25日 (日)

ピンクレディーの哀しさが好きだった。

テレビを見ていたら、再結成したピンクレディーが全国ツアーをやっている。

年がバレてしまうが、自分と同い年の彼女たちを初めて見たのは、浪人して、親に50万円も払ってもらって入学した予備校も一日でやめて、家でぶらぶらしていた時だった。

今の言葉で言えば、「イタい」人たちを見てしまった哀しさで、切なくなってしまったことを思い出す。

時代遅れの茶髪と、時代遅れの短い衣装、ユーミンや尾崎亜美を始めとするシンガー・ソングライターが人気を博していた時期に、山本リンダのような派手な格好をさせられ、荒唐無稽な歌を唄わされる彼女たちが、哀れに見えた。

実際、彼女たちはアマチュア時代は、確かクッキーという名前のフォーク・デュオで、デビュー曲をもらった時、ショックを受けたと語っていたような記憶がある。

ところが、なんとか大学生になって、じっくりと彼女たちを見ているうちに、どんどん好きになっていった。

山口百恵や桜田淳子のようなタレントパワーもない平凡な女の子が、芸能界というとんでもない世界に入ってしまった。

こうなったら、そこでとことん生きていこうと腹をくくった強さが、オーラになって出始めた。

阿久悠のアバンギャルドな歌詞を歌いこなせるパワーが輝き始めた。

比較して申し訳ないが、キャンディーズの、特に藤村美樹なんか、いつでも普通のいいとこの奥さんにおさまれる普通の人オーラが出ていた。

キャンディーズは「普通の女の子に戻りたい」と言って解散したが、ぼくから見るとずっと最後まで「普通の女の子」だったじゃねえかとイヤミの一つも言いたくなる。

いろいろ理屈を言ってるけど、要するにぼくは同級生のピンクレディーが好きだったのである。

当時エリートっぽいやつは、日大芸術学部に通う伊藤蘭率いるキャンディーズや、上智大学のアグネス・チャンのような知性派っぽい歌手を好んでいたから、ピンクレディーが好きだというと、露骨にバカにされた。

でもね。デビューから35年たって、クッキーだったピンクレディーの二人がパイオニアとして、切り開いたダンスや衣装やアバンギャルドな歌詞で表現する世界が、いまは大きく花開いているように思う。

そして50代半ばのいまも素敵なプロポーションを維持している彼女たちに拍手を送りたい。

当時買ったシングルのB面にゾクゾクした記憶があったので、YouTubeで探してみた。

リクエストによる埋込みは無効なので、リンクを貼り付ける。

ビーチボーイズとのコラボを楽しんでいただきたい。

波乗りパイレーツ

人気が落ち目の時期に発売され、あまり売れなかったこの曲が好きで、

自分がプロデュースしていたバンドでこの曲をライブでやったなあ。

ぼくは聴いているうちに切なくなって、目頭が熱くなる。

それともう一つ今も輝いている最近の二人の姿が見られる動画があった。

アップしてくれた5yamabikoさんに感謝したい。

2011年9月23日 (金)

今後、野田くんが両手で抱えきれないほど、私からたくさんの曲を送られないことを祈ろう。

フジテレビ系のニュースによると、野田くんが国連の会合でこんなこと言っちゃったらしい。

「原発の安全性を世界最高水準に高める」、「原子力利用を模索する国々の関心に応える」と述べ、停止中の原発の再稼働や、原発の海外輸出継続の可能性を強く示唆した。

「原発輸出でひともうけだあ。原発なくして、景気回復なし」

なんて考えていたら、「我が国では危険だからやめますけど、おたくは買うでしょ。」

なんて、口が裂けても言えないよな。

外国人から見たら、クレージーに見えるんだろうな。

原爆2発くらって、福島の事故が起きても原子力を信じる日本人は。

「信じるものは救われず」by 写楽斎

クレージーなのは、一部の財界人と政治家とマスコミだけなんだけどね。

大臣がホントのことを言うと、問題発言だって騒いで、やめさせちゃう。

こうやって、嘘つき共同体が形成されて、ノー天気に「日本は一つです」

なんて、大嘘が繰り返し、繰り返しテレビの画面から流れる。

そういえばこんなのもあった。

「自民党の石原伸晃幹事長は14日の記者会見で、イタリアの国民投票で原発反対派が多数だったことについて『あれだけ大きな事故があったので、集団ヒステリー状態になるのは、心情としては分かる』と語った。

いっつも高飛車で、偉そうしていればおバカな一般ピーポーがついて来るという勘違いも甚だしい都知事イシハラ某のバカ息子が、イタリア人を「集団ヒステリー」なんてひどい言い方で侮辱しても、心の中でゴングが鳴ることもなく、お勉強くんたちマスコミはビビって、ヘラヘラ笑って聞いてるんだろうな。

(だんだんイヤミな言い方が森茉莉風になってきた。どこが?。けど調子いいぞ。いつか森茉莉特集をやろう)

そんなマスコミの奴らの横面を張り倒してやりたくなる。

マスコミが有名人の口から言わせた「日本は一つです」は大嘘。

そんなもん薩摩や長州に蹂躙された沖縄人や江戸人の気持ちに立てばすぐわかる。

だからこう叫びたい。

「日本はいわゆる一つの嘘つき共同体です。」

ジャクソン・ブラウンがブルース・スプリングスティーンと一緒に1979年スリーマイル島原発事故の直後に開かれたNO NUKESコンサートで唄った曲「ステイ」を野田くんに送ろう。

今後、野田くんが両手で抱えきれないほど、私からたくさんの曲を送られないことを祈ろう。

リッキー・リー・ジョーンズな夜

時々むしょうにリッキー・リー・ジョーンズが聴きたくなることがある。

なんだか、自分がつまらない大人になっているなあ、なんてふと感じてしまう瞬間がある。

ロックがまるで演歌のように聞こえる。

ロックやジャズが自己模倣したら終わりだぜ。

なあんて贅沢なことも口走ってしまう。

レコード屋の棚に並べるために、誰かが考えた鬱陶しい音楽のジャンルなど壊してしまおう。

そんなとき、ジャンルもへったくれも関係なく自分の世界にしてしまうリッキー・リー・ジョーンズにすがりつきたくなる。

音楽のジャンルを超えているどころか、美醜の世界すら超えて、腐りかけの食肉の美味しさにも似て。

徹底的に一人になりたい夜。

深い孤独を楽しみたい夜。

そんな夜には「マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ」

前に紹介したコルトレーンのバージョンは名曲中の名曲だけど、ぼくはこっちの方が好き。

注意はひとつ。

決して昼間には聴かないこと。

ドラッグで頭がいかれた、音程の怪しい、変な声のおねえさんの歌にしか聞こえないからね。

2011年9月22日 (木)

ぶどう畑は永遠に

新卒で最初の会社に同期入社した友人から、沢山のぶどうが届いた。

同じ大学の出身だが、ぼくには手が届かないほど優秀で、頭の切れる奴だった。

何をやっても、もたもたしている凡才のこっちから見ると、秀才であるがゆえに、選択肢が多く、産業社会で生きることに、どこか戸惑いを感じているようにも見えた。

独身時代は一緒に山に登ったり、よく遊んだ彼と会わなくなって20年以上になる。

永い間、年賀状だけの付き合いが続いていたが、まさかぶどう農園を経営するようになるとは、想像もできなかった。

けれどもよおく考えてみれば、アウトドア派の彼のこと、赤ちょうちんで上司の悪口を言って溜飲を下げているより、自然と格闘している方が彼らしいと気がついた。

彼が「現在の自分の到達点だ」とコメントをつけて送ってきたぶどうは、ものすごく甘くて、美味しかった。

今までぶどう嫌いだったことが嘘のように、食べ出したら止まらない。

そして、まだまだぶどうでは食えていないというが、未来に向かって共闘する可能性もそこには垣間見えた。

じんわりとうれしさがこみ上げてくる。

今日の台風の影響で、ぶどうの木がダメになっていないだろうか。

とても気にかかる。

そして、「野田争議」執筆も大詰めだ。

あと少し、彼の努力に続こうと、決意を新たにした。

今日のおまけ「突然の贈り物」by 大貫妙子&TINPAN

2011年9月19日 (月)

林の中で秋を見つけた

連休なので土曜の深夜出発で、那須に行ってきた。

林の中を朝散歩するのが好きで、ぶらぶらしていたら、苔むした道端に山栗が落ちていた。

Dsc00950_5

Dsc00952

夏が終わり、秋の到来を感じさせる、こんな他愛もない風景が好きだ。

自宅の近所でもこんな風景はあるのだろうが、那須の林の中じゃないといけない。

流れている時間の速さが違う。

それでいて原稿書きは捗る。

初めてパソコンを持ち込んで、ここで仕事をしたが、老後は林の中の隠れ家で原稿を書くのがいいと実感した。

この場所にあう音楽はなんといっても、POCOが1971年に出したアルバム「From The Inside」。

リーダーのリッチー・フューレーと一緒にこのバンドを作ったバッファロー・スプリングフィールド以来の盟友で、後にロギンス&メッシーナで一世を風靡するジム・メッシーナが抜けたので、発表当時は華がなくなったと評価されたアルバムだけど、ぼくは大好きだった。

アルバムプロデュースも担当していたジムに変わって、スティーブ・クロッパーをプロデューサーに迎えたことが成功要因だと思う。

新しいギタリストのポール・コットンがサウンドに重みを加えて、夏っぽい爽やかなイメージだけだったPOCOが、秋をイメージさせるアルバムを作った。

ティモシー・B・シュミットがブレイクし始めたのもこのアルバムから。

アルバムタイトル曲もティモシーの作品。

タイトル曲とポール・コットンの名曲「バッド・ウェザー」の2曲を紹介します。

秋を感じて下さい。

2011年9月17日 (土)

久しぶりにグラム・パーソンズが聴きたくなって

久しぶりに葛飾区中央図書館に行った。

3.11のあと、ずっと夜は8時で閉まってしまい、仕事から帰る途中の楽しみを奪われていた。

とはいっても借りた本は「日本の右翼」と「裏社会の日本史」。

両方共筑摩書房。

うううううう。

どんどんダークな世界に入ってゆく。

金曜の夜は美しいアートの世界に入ってゆきたいのに。

昼間の仕事では警察の特防担当の人から暴力団排除の話を聞いて、夜はテキ屋だの、博徒だの、●●組●●一家だの、といった本を借りている自分に驚く。

警察官の家で育ったが、父親はダークな世界が苦手だったので、家で警察の話は出たことがない。

刑事モノドラマすら見せてもらえなかったので、裏社会のことは全く疎いのである。

けれども、大正デモクラシーといわれる時代の陰で、政府主導のこんなダークな世界が形成されていったのも日本史の事実なので、目を背けるわけにはいかない。

ここはじっくり日本の裏面史と付き合ってみよう。

ふと、久しぶりにグラム・パーソンズが聴きたくなった。

「ブラス・ボタンズ」を貼ろう。

何か尾崎豊とイメージが重なるこの人は、南部の大富豪の息子で、ハーバード大中退の頭脳で、ルックスもいい。

もちろん音楽の才能は抜群で、何が不満で麻薬に溺れたんだろうって、思ってちょっと調べた。

すると両親が相次いで自殺して、ショックを受けてハーバード大で神学を勉強した人だった。

一般にはカントリー・ロックを作ってしまった人として、永遠に記憶されるのだろうけれど、遺作になったアルバムのこの曲は、自殺した母について歌い、何か未来への展望を感じさせつつ、切ない。

すごく切ない。

2011年9月12日 (月)

『いまだから読みたい本-3.11後の日本』を買った。

脱原発宣言に期待した経済産業大臣はマスコミの言葉狩りにあって辞任してしまったし、ストレスはたまる一方。

田中龍作ジャーナル

鉢呂発言でのマスコミ報道に抗議する

鉢呂氏辞任は脱原発議員に対するいじめにしか見えない

朝から取材したボイスレコーダーを聞きながら、原稿を起こして疲れた。

そこで、息抜きに、久しぶりに亀有に行った。

アリオ亀有にあるKIDDY LANDの本屋さんは、ぼくのお気に入りで、子供と一緒にいくらでも遊べる空間なのだ。

中央の小さなステージで4人編成のバンドが摩訶不思議な演奏を繰り広げている。

ベースがいないのに、ベースの音が聞こえ、4人では作り出せないようなサウンドが不思議だ。

真ん中で頑張っている人が弾いているのは、昔いったキング・クリムゾンのコンサートでトニー・レヴィンが使っていたスティックという楽器らしい。

まさか、KIDDY LANDでこんな演奏に接するとは思わなかった。

やるなあ。KIDDY LAND!

でも、一番うれしかったのは、『いまだから読みたい本-3.11後の日本』を買えたこと。

坂本龍一が中心になって作ったこの本は装丁が美しい。

黄色い帯はおまけで、帯なしの白い本が本体。

「心にひびいた言葉たち」と題したまえがきで坂本さんはこんなふうに書いている。

「地震や津波に対する流言飛語や風評、原発事故に対する嘘や隠蔽。すべては言葉の問題です。言葉と現実の間に起こっている事態の乖離がはなはだしくて、3・11前の言葉と自分の関係、言葉と現実の関係がくずれてしまった。3・11以前は言葉と現実は対応しているのだという前提のもとにみな毎日を過ごしていたのに、いまはそうではない。

一方でまた、心の空虚さを埋めるのも言葉だし、自分たちの抱く、この非力な感じを支えてくれるものも言葉です。人間とはつくづく言葉を食べて生きている動物なんだなという思いを強くしています」

最近、少し気がついたことがある。

人間には3・11で何かが変わってしまった人と、何にも変わらない人の二種類いるということ。

坂本さんが言っていること、すごくよくわかる。

浅学非才な日曜文筆家ゆえ、たいした文章を書いていたわけではないけれど、

以前はあんなに楽に書いていた随筆が書けない。

自分が紡ぎ出す言葉たちが上滑りして、宙を舞っている。

自分が信じていた、自明だと思っていた何かが、突然消えてしまった。

そして、その何かの正体がつかめず、暗闇の中を手探りで歩いているような状態が続いている。

これから読むこの本が、そんな状態を打開する何かのきっかけになってくれればいい。

そう願っている。

2011年9月11日 (日)

夏の終わりに佐原を想う

暑くて長い夏が終わった。

明日は中秋の名月。

一年前の今頃は佐原にいた。

佐原:街の記憶

それから半年後に震災が起きて、佐原の古い建物が被害にあったという。

佐原はぼくの第二のふるさと水郷の拠点になる町だ。

小高い丘の上にある展望台から見た町の景色が強く印象に残っている。

幼い頃、土浦から佐原まで走っていた国鉄バスに乗って祖父や祖母の待つ家に行った。

常磐線電車の終点平に憧れたように、国鉄バスの終点佐原という未見の町に憧れた。

一度でいいからそこまでバスに乗って行ってみたいと思った。

国鉄がJRになり、佐原までのバスは廃止された。

平と同じように、佐原も被害をうけた。

自然の猛威の前に、たった一年前に見た風景が壊されて、遠い記憶になった。

被災して失われた風景にはっぴいえんど「夏なんです」を捧げよう。

たとえ将来復興しても失われた風景は戻ってこない。

2011年9月10日 (土)

東北学の赤坂憲雄さんの言葉

ツイッターでは鉢呂経済産業大臣を擁護する論陣が着々と出来上がっているのに、案の定、原発(よみうり)新聞社に対抗すべきマスコミではきちんとした対応ができていない。
民主党内で足を引っ張る連中がいるという。
こうして自民党に政権が戻り、何事も無かったかのように、粛々と原発が復活し、世界に冠たるエンガチョな国が完成して、その先にどんな展望が開けるんだろうね。
怒りを通り越して、あきれるばかりだけど、ぱっとしない朝日新聞にもいい記事があって、赤坂憲雄さんの「オピニオン」が載っている。

戦前、東北は『男は兵隊、女は女郎、百姓は米を貢物として差し出してきた』と語られていました。いわば、国内の植民地の構図があった。現在はさすがに違うだろうと思っていましたが、震災でいくらか認識を改めました

ぼくがいまだに、西軍が彰義隊を惨殺したことや幕府瓦解後の戦争についてこだわっているのは、こんなところにつながっている。
国内戦争で西軍がやったことを、東北の人たちは覚えている。

ぼくの地元の東葛飾は、新選組や旧幕軍が結集した流山や市川を抱えている。

マスコミには載らないが、実際に取材した人からいろいろ聞いている。
そんな東北の人たちを日中戦争で、中国に送り出して、中国人たちに対して同じことをやらせた。
血のつながりはなくても、そいつらは西軍の指揮官の精神的な末裔であろう。
ぼくは、そんな奴らを「日本人」ではなく、アズマエビスとして心の底から軽蔑する。

除染活動を大規模な国家プロジェクトとして進める。放射性物質の健康被害を長期にわたって徹底的に調べ、情報を蓄積し、最先端の医療拠点を育てる。原発から自然エネルギーへの転換を進める特区にする。これによって日本社会は世界がこれからの難問に対して貢献できるし、その責務を我々は負わされたのではないでしょうか。難しいです。でもやらないといけない

赤坂さんの言っていることに、強く共感する。

仙石さんの「暴力装置」の時も、わあわあ騒いだマスコミを批判した。

森さんから「神の国」について、もっと聞きたかった。

鉢呂経済産業大臣は間違っていないが、そんなマスコミを相手にしているという認識が希薄だったのはまずかった。

死の国づくりに奔走したマスコミがグウの音も出ないような仕事をして、赤坂さんの言葉を具現化してほしい。

それが今の最大の願いである。

2011年9月 9日 (金)

わが原発巨人軍は永久に不滅です。(爆笑)

はっきり言ってモーレツに頭に来ている。

読売新聞の鉢呂経済産業大臣攻撃である。

関東大震災の直後に罪のない社会主義者たちを不当逮捕する命令を出した

正力松太郎の新聞社だ。

この新聞社は社会主義だけでなく、民主主義も自由主義も市民運動なんて言葉も、全部まとめて大嫌いなんだろう。

その正力は「原発の父」と言われているわけで、原発推進の論陣を張るのは自由だが、

福島を「死の国」にしてしまった読売や自民党のような当事者たちが、原発と戦ってくれている鉢呂経済産業大臣を責めるなど、笑止千万、天に向かってつばを吐く行為だぜ。

国民をばかにするのもいいかげんにしろ!!!

原発マインド・コントロールの抜けないお勉強くんたちの就職先である寝ぼけたマスコミが、鉢呂経済産業大臣を守らないなら、ぼくたち一般大衆が鉢呂経済産業大臣を守ろう。

だから、この新聞社を今日からぼくは原発新聞と呼ぶ。

つまりナガシマさんは原発巨人軍の四番打者。

いまならナガシマさんはこう叫んで欲しい。

「わが原発巨人軍は永久に不滅です!」

ボブ・ディランの「廃墟の街」

2011年9月 5日 (月)

もう何も言うことありません。

一日中戦前の労働運動史について原稿を書いていると、官憲による不当逮捕だの、虐殺だの、物騒な事件は枚挙にいとまがなく、身はともかく、心は1920年代に飛んでいるので、自然と心がすさんでくる。

バランスを取るために、家から外へ出ても、カンカン照りの中、不意に襲ってくる豪雨には、時節柄注意しなきゃ、なんて考えてしまい、どうにもこうにも、気分がすっきりしない。

買い物でストレス発散しようにも、最近何かと散財しっぱなしで、財布の中身は軽く、気分は重くなる一方である。

こんな夜にはせめて清らかな曲でも聴かなきゃ、やってらんないぜ。

てなわけで、高校生の頃大好きだった、エリック・アンダーセン「ブルー・リバー」をユーチューブで探した。

ジョニ・ミッチェルのバックボーカルがいいなあ。

それにしてもこれって40年前の曲だよ。歌っているエリックも、いまではおじいさん。

これでいいのかなあ、なんて思っていたら朝日新聞の朝刊に「人生遊ぶ隠居のススメ」なんて天野祐吉さんの記事が載っている。

隠居道といえば、二大スターは永井荷風と杉浦日向子だと思っていたけど、

さすが天野さん、いいこと言ってる。

「今の社会は、死ぬまで働かなきゃ、老人だって役に立たなきゃという価値観でコチコチに硬直している」

「経済成長ばかり追いかけるカネカネ社会の貧乏根性」

「原発やめて電力がなくなって、日本が貧乏になったらどうするんだって言うけど、どんな状態になったって、みんなで面白く遊ぶ知恵は持てるはず」

「コチコチ社会は息が詰まって行き詰まる。くだけた自由の空気をしゅーっと発生させたいんだよね」

ううう。強く共感。

もう何も言うことありません。こんなかっこいい年寄りになりたい。

2011年9月 2日 (金)

世界に冠たるエンガチョな国づくり

ツイッターを見ていたら経団連ジジイがえびす顔で、野田新首相を絶賛している。

なんか怪しいと思ってタイムラインで他の記事を見ていたら、ああやっぱしね。

こんな記事が出ている。

野田佳彦首相は2日夕の就任記者会見で、原子力発電所の再稼働について「安全性を確保しながら、地元の理解を前提に定期検査の終わった原発を再稼働する」と述べた。

 経済産業省原子力安全・保安院分離については「体制作りをしっかり行っていきたい」との考えを示した。〔日経QUICKニュース〕

「安全性を確保しながら」って、これほど空疎な言葉を政治家の口から聞いたことがなかったので、開いた口がふさがらない。

菅直人の時代が遠い昔だったような気がする。

「カン某とは違って、オイラは何が何でも原発をやり抜きます」って、言ってくれたほうが、まだすっきりする。

うちの近所の柏市のゴミ処理場では、放射性セシウム入り焼却灰が行き場を失って、大変なことになっている。

千葉県柏市の南部クリーンセンター(柏市南増尾)の溶融飛灰固化物から、1キロ・グラム当たり約7万ベクレルの放射性セシウムが検出された。

 市は焼却灰の最終処分場への埋め立て処理を中断、センター敷地内に保管するが、処分の見通しも立たず、対応に苦慮している。

 市の発表によると、北部クリーンセンター(同市船戸山高野)でも、ごみを焼却した際に集じん機にたまった灰を薬剤で固めた飛灰固化物から最高で同9780ベクレル、両センターから最終処分場に搬入された溶融飛灰固化物、飛灰固化物からもそれぞれ同4万8900ベクレル、同8440ベクレルを検出した。

 焼却灰については、操業中の南部センターで55日間、操業を中断している北部センターでは1か月程度しか保管できず、処理の見通しがたたない。市は県や環境省に処理方法を示すように要望したが、具体的な方策は示されず、このままではごみの受け入れができないまま焼却に支障を及ぼす恐れもある。秋山浩保市長は記者会見で「最終処分場の地元からは、生活圏以外で処分、保管するよう言われている。処分は国、県頼みだ」と述べた。

これが野田くんの地元千葉県の葛飾地域の現状である。

経団連ジジイと野田くんは、世界に冠たるエンガチョな国づくりに、一致団結して、がんばってくれたまえ。

いくら原発電気でモノを作って、輸出を振興したとしても……

オイラが外国人だったら、エンガチョな日本から輸出されたものなんか、きっと、鍵閉めちゃって買わないけどね。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31