交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 山口昌男のお陰です。 | トップページ | 世界に冠たるエンガチョな国づくり »

2011年8月29日 (月)

映画「フラガール」とイヴァン・イリイチ

デンゾーさんに教えられて、ユーチューブで『福の歌~頑張っぺver.~』という歌を

聴いていたら、たまらなく映画「フラガール」のラストシーンで蒼井優が踊るところを見たくなってしまいました。

やっとみつけたので、下に貼り付けます。

この映画の舞台はいわき市ですが、昔は平といいました。

子供の頃、常磐線で日暮里から土浦まで、母の実家に毎月のように通っていたぼくは、

必ず勝田ゆきか、平ゆきの電車に乗ったので、いつか平という町に行ってみたいと、おさな心に憧れていたものです。

そんな平が、今回の震災と原発問題でひどい目にあっているかと思うと、心が痛みます。

日本のエネルギー革命に翻弄され、炭鉱を諦め、やっとの思いで観光で生きてゆくことを選択した平が、再びエネルギー問題に痛めつけられているという事実。

そんな平の惨状をよそに、安易に原発の運転再開を語る政治家たちを見るたびに、怒りで胸が震えます。

技術的に安全か危険かという論議の前に、専門家と称する集団に制御不能な巨大エネルギーと利権を与えることが、どれほど向こう見ずな暴挙であるのか、ここは冷静になって頭を冷やして考えてほしい。

航空機で雌雄を決する時代になって、戦艦大和や武蔵をつくった戦前の政府や、ずるずると諫早湾を死滅させる判断を下した自民党政府と同じことが、今現在も続いている。

なんの反省もなしに、開発だの、貿易立国だの、経済成長だのといった言葉を使う政治家ではない、

たとえばイヴァン・イリイチくらい読んでいるような政治家が出てきてほしい。

今日、ぼくと同年齢の野田という男が次の首相になることが決まった。

彼のぶざまな歴史観は、とうてい容認できるものではなく、この先が大変不安になるが、

せめて平の人たちが少しでも明るくなれるような政治を、と願っている。

« 山口昌男のお陰です。 | トップページ | 世界に冠たるエンガチョな国づくり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「フラガール」とイヴァン・イリイチ:

« 山口昌男のお陰です。 | トップページ | 世界に冠たるエンガチョな国づくり »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31