交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 日本の1920年代の勉強をしてみよう | トップページ | 「ポール・ポジション」が大嫌いだった。 »

2011年8月13日 (土)

那須どうぶつ王国を応援したい。

那須どうぶつ王国に初めて行ってきた。
流山に進出するという計画はなくなり、東京都あきる野市のサマーランドに開園したが、失敗したといういわくつきのムツゴロウ王国である。
妻が動物好きなので、テレビでムツゴロウ王国の番組をやっていた頃は、よく見ていた。
この施設が震災後の放射能問題で苦境に陥っていることを知り、チケットももらったので、いい機会だと行ってみることにした。
そこは想像以上に素敵なスポットだった。

動物を見せるだけでなく、ぼくたちが知らない能力や面白さを体験させてくれる。
観光牧場の何倍も面白い。
スタッフも親切で、よく勉強している。
iPhoneを持っていたら、王国の敷地内はWI-FIでつながるのも有難かった。
犬用の施設が充実しているので、自分の犬を連れていって、のんびりと遊ばせながら、ネットを見たり、仕事をしながら一日中過ごすのもいいと思う。

あれだけのスタッフや動物たちを育てるには大変な苦労があったと思う。
いままで長年蓄積したものが放射能の影響で、潰えてしまうのは、あまりにも悲しい。
できるだけ多くの人に足を運んで頂きたい。

 

247_2259_2

 

 

« 日本の1920年代の勉強をしてみよう | トップページ | 「ポール・ポジション」が大嫌いだった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須どうぶつ王国を応援したい。:

« 日本の1920年代の勉強をしてみよう | トップページ | 「ポール・ポジション」が大嫌いだった。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31