交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 下手の横好きで、ごめんね。 | トップページ | 日本の1920年代の勉強をしてみよう »

2011年7月31日 (日)

テーゲー主義もたまにはいいでしょ。

先週、iPhoneで録音した流山市立博物館友の会の討論会を聴いていると、山本鉱太郎氏が「ふるさと運動」の話をしていた。
「ふるさと運動」のことなど、全く考えてもいなかった僕が、沖縄に行って、衝撃を受けて帰ってきたのが1994年のクリスマスの時だった。

沖縄にいる間、それまで、味わったことのない不思議な感覚が繰り返し、繰り返し、押し寄せてきて、家に戻っても、仕事が手につかない状態が続いた日々が懐かしい。
初めて訪れた沖縄なのに、遠い昔に失われた心の「ふるさと」を感じる不思議さ。
それが、縄文時代への興味や、蝦夷やアイヌの文化への関心へとつながってゆくのは、ずうっと後のこと。
ましてや、市川の真間の手児奈が蝦夷の娘だったという宗左近氏や、縄文や沖縄文化論の岡本太郎氏の存在など、知る由もなかった。

だから、その当時は何がなんだか分からなくて、もがき苦しんだ。
仕方ないから、とにかく沖縄のカルチャーに接していたくて、喜納昌吉や大工哲弘のコンサートを見に行ったり、その頃は珍しかったゴーヤを探したり、今思うとつまらないことをやって、飢餓感を抑えたものだ。
そして、柳宗悦の『民藝四十年』という本にあった「琉球の富」というエッセイをむさぼるように読み、沖縄への関心を深めていった。

すると夢中になって取り組んでいた那須高原のセルフビルドも、急に無意味に思えてきて、徐々に現場から足が遠のいた。

そんな時期に一番好きだったのが初代のネーネーズ。
ネーネーズは今でも活動しているようだが、古謝美佐子が率いる初代が印象深い。

息が詰まる様な昨今の、原発問題の重苦しい空気の中で、久しぶりにネーネーズが聴きたくなった。
こんなときはNews23のテーマ曲だった「黄金の花」のような重い曲じゃなく、沖縄らしい明るさ満載のこんな曲を聴きたい。
聴いているうちに、心が少しだけ軽くなりませんか。


« 下手の横好きで、ごめんね。 | トップページ | 日本の1920年代の勉強をしてみよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テーゲー主義もたまにはいいでしょ。:

« 下手の横好きで、ごめんね。 | トップページ | 日本の1920年代の勉強をしてみよう »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31