交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 「生活の柄」を変えなくちゃいけない。 | トップページ | ジャクソン・ブラウンの爽やかさは永遠だと思う。 »

2011年6月25日 (土)

田嶋昌治さんと松戸史談会

僕が住んでいる松戸市には、「松戸史談会」という郷土史家の団体がある。

以前ある本で、「松戸史談会」の紹介記事を書かせていただいたことがきっかけで、松田会長さんを中心に、数名の方とお付き合いが始まり、名ばかりで大変申し訳なくおもっているけれど、賛助会員とさせていただいている。

体がひとつで、やるべきことは沢山あるから、活動には参加できないが、「松戸史談」という研究誌はいろいろ参考になり、よく読む。

そんなありがたい研究誌のバックナンバーを田嶋昌治さんが下さるというので、もらいに行った。

といっても、田嶋さんは家から歩いて10分程度の殿平賀在住。元は高等学校の歴史の先生である。

殿平賀はこの時期関東一円から観光バスが押し寄せる「あじさい寺」本土寺にほど近い、町かどに咲くアジサイもまた美しい落ち着いた町だ。

田嶋さんとは、松戸史談会・流山市立博物館友の会両方でお付き合いさせていただいている。

幼稚園児の頃からずっと劣等生だった僕は学校の先生が苦手なのだが、田嶋さんは目線が低い方で、無教養な僕の作品もちゃんと読んでくださり、温かいコメントを下さるので、ご近所のよしみもあり、なんとなくウマが合うのだ。

創立50年を超える松戸史談会の研究誌を読みかえすと、あまり大した歴史のなさそうな松戸でも、利根川・江戸川と水戸街道が整備された江戸期以降は、松戸宿を中心に江戸とつながる水運と陸路の要所として、ゆたかな歴史があるなあと感心する。

さらに僕の住む小金地区は江戸期以前から栄えた宿場町で歴史の重みでは、はるかに松戸宿をしのぐことも知った。

僕は無教養で、郷土史家とはとても言えず、横丁の雑学家なので、「松戸史談」に載せるようなちゃんとした論文は書けないけど、側面から松戸史談会や流山市立博物館友の会のような郷土史家の団体を応援してゆきたいと思っている。

« 「生活の柄」を変えなくちゃいけない。 | トップページ | ジャクソン・ブラウンの爽やかさは永遠だと思う。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田嶋昌治さんと松戸史談会:

« 「生活の柄」を変えなくちゃいけない。 | トップページ | ジャクソン・ブラウンの爽やかさは永遠だと思う。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31