交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 月のきれいな夜は、コルトレーンなどどうですか。 | トップページ | 下町のみっどないと・らんぶらーたち »

2011年4月18日 (月)

神田明神に行った

金曜日の夜の話だけど、久しぶりに神田明神に行った。
今度、友の会から出した「東葛流山研究 楽しい東葛伝説民話事典」には将門伝説のことがいろいろと書いてある。
僕が原稿を担当したわけではないけれど、本に載せていただいたからには、将門さんにご挨拶しておかねば、落ち着かない。
新大塚から丸ノ内線で御茶ノ水まで行って、夜7時半ころに着いたのだが、やはり予想したとおり、参拝客がひっきり無しにやってくる。

半年前まで、御茶ノ水経由で通勤していた頃は、年中夜の参拝をやっていたけれど、こんな雰囲気じゃあなかった。
建物にしがみついてお祈りしている人もいて、なんだか不思議な世界に迷い込んだ感じだ。

Img_0108 Img_0109朝廷に反抗した将門さんは東日本最大のヒーローだし、こんな時期だからみんな、パワースポットにすがりたいのであろう。
僕も同じ気持。
どうも最近、首が痛くて仕方ない。
仕事をしていても辛くて、辛くて。
以前、神田明神にお参りしたら、最悪だった体調が好転し始めて、すっかり元気になったことがある。
それを宗教と呼ぶのかどうか、よく分からないけど、僕にとって神田明神は、間違いなく第一級のパワースポットなのだ。
今度は、昼に行って、天野屋で、甘酒飲んで帰りたいな。

« 月のきれいな夜は、コルトレーンなどどうですか。 | トップページ | 下町のみっどないと・らんぶらーたち »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神田明神に行った:

« 月のきれいな夜は、コルトレーンなどどうですか。 | トップページ | 下町のみっどないと・らんぶらーたち »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31