交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 下町のみっどないと・らんぶらーたち | トップページ | ジューシィ・ハーフを見つけた。 »

2011年4月23日 (土)

外はいい天気

朝から外ははっきりしない天気だ。
時折、放射能だらけの強い雨が、たたきつけるように降ってくる。
この前のエントリで、20数年前の東京下町にいた、みっどないと・らんぶらーたちの、ダークな世界について書いてしまったけど、こんな天気だから、せめて土曜日の午後のブログの中では明るく気持よく過ごしたい。

そんなときはいつも、はっぴいえんどで一番好きな曲「外はいい天気」が聴きたくなる。
4年前に書いた短編小説は事情があって「東葛飾残照」ていうタイトルで、千葉文学賞にエントリしたけれど、本当は「外はいい天気」にしたかった。
少年時代の自分をモデルに、淡い初恋を描いた小説を書いている間、ずっとこの曲が頭の中で鳴っていたから。
ユーチューブで探したら、こんなのが見つかった。投稿したdonnablue0828さんという方に感謝。

「外はいい天気」は一番大切な曲だから、ブログに入れるのはずうっと後までとっておきたかったけど、キャンディーズのスーちゃんが亡くなって、衝撃をうけた。
父の仕事場だったよく知っている町北千住出身の、自分と同世代の、とても身近に感じていた元アイドルの死去は、ほんとうに辛い。
平凡な日常生活のさなか、突然命を絶たれた津波の犠牲者のことも思うと、今日できることは、命ある今日のうちにやっておこうと、痛切に思う。
志半ばに亡くなったスーちゃんと、津波の犠牲者にこの曲を捧げる。


« 下町のみっどないと・らんぶらーたち | トップページ | ジューシィ・ハーフを見つけた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外はいい天気:

« 下町のみっどないと・らんぶらーたち | トップページ | ジューシィ・ハーフを見つけた。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31