交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 流山市立博物館友の会無許可ブログを始めた。 | トップページ | 都市の空気は自由にする »

2011年4月13日 (水)

他粛ぎらい

なにせガキの頃から不良少年で、劣等生だったから、自粛だとか、連帯責任ていうのが苦手である。

いや苦手なんて中途半端な書き方はやめよう。

はっきり言って大嫌いである。

3月11日の夜にキャバクラに行ったみのもんたをマスコミが批判しているけれど、何が問題なのかオレにはわかんない。

いろんな人がいて、いろんな価値観があって、それぞれのスタンダードがあるから、民主社会だと思う。

現在不良中年のオレから見れば、みのもんたは、今回何も悪いことしていないよ。

みのもんたを批判するなら、原発安全神話の普及に活躍してきたことを書けよ。

それはともかく、核武装が持論の石原某という、感じの悪い男が花見を自粛しろなんて言っている。

マスコミは思考停止しているから、自粛が経済に与える影響について是か非かなんて、トンマなことを書いているけど、そんなことたいしたことじゃない。

それよりか、自粛って為政者に強制されるべきものではなく、自ら喪に服するから意味があるんだよ。

他人に強制されたら自粛じゃなくて他粛だよ。

東大だの早慶だの名門大学を優秀な成績で卒業され、難しい試験をパスして大手マスコミに入社されたエリートの方々は、石原某の暴挙や暴言に目をつぶるのが大人のエチケットだと思っているとしたら、さっさと仕事やめて、故郷に帰ってほしい。

日本人の好きな「連帯責任」ってのも、寒気がするほど嫌い。

こんな言葉は責任を曖昧にして、ごまかすための手段にすぎないと思う。

敗戦だって、政府や日本軍の責任じゃなくて、国民みんなの「連帯責任」なんでしょ。

なんとまあ、お人好しな国民でしょ。だから悪いヤツラにダマされる。

ナチスドイツのイメージを払拭して、新しい国を作ったドイツ人の心根ほうがオレには理解できるな。

そろそろこの辺で、他粛だの、連帯責任だのなんて鵜呑みにして、権力を握った悪いヤツラを、こころ優しい国民が助けてあげるようなことをやめようよ。

自民党でも民主党でも、財界や学界とグルになって原発を推進したような連中は全員退場して、ホンネでコミュニケーションが出来る新しい風通しのよい日本を作ってゆかないと、希望が持てない。

もうどうしようもないところに来ている。

田中優子の「未来学としての江戸学」を読みながら、そんなことを考えた。

« 流山市立博物館友の会無許可ブログを始めた。 | トップページ | 都市の空気は自由にする »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

息子とさっきまでその話をしていました。
怒ることもせず、なあなあで済ますお人よし日本人。中東の人たちのほうがずっと正直で行動力があるんじゃあないの?と。高円寺デモも海外のメディアで報じられるけど国内のマスコミが伝えないのはなぜ?まあ、検索すれば出てくるから中国よりはまし、なのか?
都知事選に行ってきたけど、広報を読んでも何もわからない。結局、反対票を入れるだけだった。と
怒りはどこにどうやってぶつけたらよいのでしょうね?教えてください。

jamama さんコメントありがとうございます。
コメントものすごく嬉しいです。
外国じゃなくても、これが大正時代の日本人だったら、東京電力の社屋を焼き討ちしているでしょうね。岩波新書「大正デモクラシー」なんて本の冒頭はそんな話題で埋め尽くされています。そんな昔まで遡らなくても、昭和46年ころ、常磐線各停が上野を通らなくなっただけで、綾瀬や亀有あたりで暴動が起きたことを、僕は覚えています。
今の若者はそんな時代を知らないから、閉塞感からうつ病なんぞになってしまう。
時にはケンカし、時には仲良くし、時には涙し、時には怒るのが、自然の人情ってもんだとおもうんですが、そういうやつは大人げないと蔑まれるんでしょうね。嫌な国になったもんです。
怒りは自分の得意な方法で表現しましょうや。
相手は巨大でも人の心を動すのはこっちの方に分があるんだから。
ピカソがゲルニカを描いたようにね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他粛ぎらい:

« 流山市立博物館友の会無許可ブログを始めた。 | トップページ | 都市の空気は自由にする »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31