交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 魔法の杖なんかないんだよ。 | トップページ | チーム発見傳発進す。 »

2011年1月23日 (日)

敵を間違えちゃいけないよ。

三十年以上前に小野二郎がハーバート・リードの「芸術を通しての教育」を題材に、いくつかのエッセイを書いた。

それらは死後、著作集第3巻にまとめられて、平野甲賀の装丁も美しい『ユートピアの構想』という本になった。

僕は若いときに夢中になって読んだけど、読むたびに小野二郎特有の難解な文章に苦労して、理解できたような、できないような、中途半端な気分になった。

ところが最近、岡本太郎、中沢新一、宗左近らが縄文時代について書いた本や、印西市に住むナチュラリスト、ケビン・ショートさんが古代ケルトについて書いた本のような柔らかな本を読むうちに、おぼろげながら小野二郎が言いたかったことが少しだけ理解できたように思える。

例えばドイツのバウハウスについて書いた文章である「『芸術教育』から『芸術による教育運動』へ」の一節。

「近代社会の到来以前は、すべての民衆の中に、普遍的で統一ある民衆文化が存在し、誰もが歌い、踊り、物を作り、文を綴り絵を描くといった生活があったと信じ、あらゆる人の魂の底に、かつての民衆芸術をとり返し、汲めどもつきぬ創造力の源泉としようというのがこの運動の思想であるという。」

そしてもうひとつ。

「リードがここで芸術は学校の教育のしごとのなかでの一つの孤立した「教科」といったものにとどまっているべきではなく、あらゆる教科が芸術の一種だとみなされなくてはならぬという主張をしている」

そして「物質に孕まれた夢」の一節。

「それは当然、人間と物質の関係と、人間と人間の関係との結節点たる労働の問題に深くかかわってくる。労働を、生産と消費のサイクルから、また、欲望と満足のサイクルから解き放つ運動をこそ、芸術=教育運動の主要な課題にしなければならぬ、と私は信ずる。」

この文章の隣にケビンさんのこんな文章を並べて見るといい。

「ケルトをはじめ、古代ヨーロッパの神話には、大きな力をもつふたりの神が登場する。大地の母であり、この世界の創造主たる女神と、その連れあいで、頭に角を生やし、森と動物たちの精霊である男神だ。それを取り巻く、愛や闘い、死、芸術、音楽、詩などを司る神々。薬草、馬、鹿、井戸と水、火、海、夢など、古代ヨーロッパ人はあらゆるものに神格を見出し、さらには、森や木など、森羅万象に精霊や超自然の力が宿ると信じていた」そしてクリスマスもイースターもハロウィンもキリスト教と関係の無い古代信仰に根ざしている祭だという。

小野二郎の言う「近代社会の到来以前」を「キリスト教以前」と読み替えると、人類社会に普遍的な、芸術も生産活動も文学も一つに解け合い古代信仰に彩られた社会にたどり着く。

21世紀の僕たちを不幸にしている強敵は、進歩的文化人でも日教組でもファシストでもなく、アメリカでも中国でもロシアでもなく、資本主義でも共産主義でもイスラム教でもなく、スピードと生産性と効率と豊かさと便利さを追い求めてきた結果もたらされた文明が曲がり角にきているのだという認識が必要だということ。

経済学や政治学の常識が通用しなくなってきている、これからの社会を動かしてゆくのは職業芸術家だと言っているのではない。

そんな単純な話ではない。

僕たち一人ひとりの心の奥底に眠っている詩心や芸術的感性を取り戻すことこそが、まわりくどいやり方かもしれぬが、一番の近道であるような気がしてならないのだ。

そう思えば、去年から続けている素人目線で見る金曜日の美術館通いも、決して無駄ではないのかもしれない。

« 魔法の杖なんかないんだよ。 | トップページ | チーム発見傳発進す。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敵を間違えちゃいけないよ。:

« 魔法の杖なんかないんだよ。 | トップページ | チーム発見傳発進す。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31