交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 歴史の本を片手に小金原を歩く | トップページ | なんだか面白くなってきた »

2010年12月31日 (金)

江戸に暮らす・東京に暮らす

自分はちっとも変わっていないのに、周りがどんどん変化して、気がついたら取り残されるなんてこと、ありませんか。

例えばゼミナール連合会議長を経て、超一流の某企業に就職した大学時代の友達。

僕はマルクスって、優秀な学者だとは思うが、基本的に好きなじゃないから、マル経だらけの経済学部のゼミナールにも参加しないで、友達からはノンポリ学生だと言われてバカにされていた。

そのかわり30年前に「ドラッカー!」とか「企業の目的は顧客の創造である!」なんて叫んで、誰からも相手にされなかった。

それが今頃………?!

「クソ食らえ!」である。

実際共産主義なんて、大嫌いだった。もちろん今でも。

ところが、気がつくと、必要に迫られて1920年代の労働運動なんか、一生懸命調べてる。

今年早逝した黒岩比佐子が社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘いを描いた遺著『パンとペン』なんか買っている

とっくにそんなもの卒業した友達からすれば、馬鹿な奴だと思うんだろうね。

だからエリート学生たちが参加した全共闘運動なんて認めない。

高田渡が新宿フォークゲリラの連中をせせら笑う歌を作ってくれたのが、唯一の救い。

ビーチボーイズが最高傑作アルバム「ペットサウンズ」で発表した名曲に「駄目な僕」がある。日本語のタイトルだとわからないけど、ウィキペディアによれば、内容はこんな感じ。

ブライアン・ウィルソンが、自らと世間一般との間に横たわる感覚的な溝について「僕はこの時代に合っていないんじゃないか(I just wasn't made for these times)」と率直な不安感を吐露した曲。

先週は国府台の里見公園にある「夜泣き石」を見に行った。

昨日は鈴ヶ森の刑場に行って、写真を撮った。

残酷なやり方で処刑された犠牲者の霊を慰めようと、隣にある大経寺というお寺にお参りし、賽銭箱にコインを投げ入れたら、「チーン」と不思議な音がした。

なんだか心霊スポット巡りをやっているようだが、本当は昭和や大正や明治や江戸にあって、今は失われてしまった「美しいもの」に出会いたくて、出かけてゆく。

田中優子は『江戸を歩く』の最後に、鈴ヶ森について書いている。

今年最後のエントリを飾るにふさわしい名文を紹介して終わろう。

そして吉原や新町の外側に千住小塚原があるように、品川遊郭の外側に鈴ヶ森があったのである。千住小塚原で絶たれた命は隅田川に解放されてゆくように感じたが、鈴ヶ森で絶たれた命は太平洋に解放されてゆくのであろう。

江戸は確かに周到に作られた都市であったが、閉じられた都市ではなかった。人はここを出ては入り、入っては出て、自らを新たにした。江戸に暮らすということはそういうことであったろう。私にとって東京に暮らすということは、そのようにして生きていった人々に、再び出会うことである。死者と再会することである。そうすることによって、今に生きるこの思いを見つめ直す、ということである。

« 歴史の本を片手に小金原を歩く | トップページ | なんだか面白くなってきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸に暮らす・東京に暮らす:

« 歴史の本を片手に小金原を歩く | トップページ | なんだか面白くなってきた »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31