交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 恐るべし。エバレット・ブラウン | トップページ | 仙道オペラの不思議な世界 »

2010年11月21日 (日)

さようなら、紙の本。

自宅の本棚があふれている。

去年、80年代から持っていたキリスト教関係書やトルストイ全集、古いビジネス書など千冊近く捨てたけど、そんなのは焼け石に水。

屋根裏部屋まで本だらけだ。

でも、今頃ロシアの勉強会始めるなら、キリスト教やトルストイは捨てなきゃよかったなんて、少々後悔してしまう。

先日亡くなった杉山宮子さんの城夏子関係資料も、もらいたいけど、置く場所がない。

いま会社でやっている5S運動のうち「整理」の第一歩はいらないものを捨てること、だそうだが、書籍はいつどこで世話になるかわからない。

公設の図書館だって、古くて借り手がいなくなった本は、どんどん処分してしまうので、本はなかなか捨てられないのだ。

山本先生のように、自宅の近所に仕事場のマンションを買ってしまうのもありだが、作家として食べているわけじゃないので、そこまでお金をかけるのは難しい。

こうなったら、えーーーい。仕方ねえ。

15年近く前から、検討してきた書斎の電子化を始める最後のタイミングだと、一大決心した。

テキストデータを電子本にする「エキスパンドブック」というソフトを買って、あれこれやり始めたのも、その頃だし、ちょうど津野海太郎が「本とコンピュータ」という雑誌を発行しだしたのも、同じ時期だった。

21世紀に入って、神の国発言で知られるアナクロオヤジの森首相までITだの、なんだのって言い始めると、生来のつむじ曲がりで、時代から逆流し始め、近代以前の古い世界が面白くなって、タイムマシンに乗って江戸ばかり行っておりました。

古い葡萄酒と、古い革袋の両方が面白くって仕方ない時期が続いておりました。

でも、そろそろ時代の先端にもどろうと思います。

で、皆神龍太郎『iPadでつくる究極の電子書斎』なんて、本を見つけて読んでみると、エキスパンドブックの時代から比べて、劇的に読書環境が変化していることがわかった。

気に入ろうが、気に入るまいが、これは時代の大きな流れ。

印刷だってオンデマンドになっているし、数十年後もいままで通りの紙の本だけが世の中を流通してゆくとはとても思えない。

人三倍くらい紙の本が好きで、製本術まで習いに行ったけど、心を鬼にして愛着は捨てる。

さっき、本を効率よくデジタル化する為のドキュメントスキャナが自宅に届いた。

そして、今週中には本を切り刻むための、裁断機が届くはず。

ものすごく残念だけど、もうお別れ。

さようなら、紙の本。

僕は新しい道に進むから。

その先にはきっと、古い葡萄酒を、新しい革袋に入れる楽しさが待っているから。

そうすればトルストイだって、デジタルな世界で生き残れるよ。きっと。

« 恐るべし。エバレット・ブラウン | トップページ | 仙道オペラの不思議な世界 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

電子書籍は自分の手に残らないのでなかなか好きになれませんでした。
しかし、ある趣味人の集まりの中で、あるお方が電子書籍とは21世紀の貸本屋と仰りました。
確かに電子書籍を利用した貸本サービスはあるなと思いましたが、
話を聞いていくと、かつての貸本屋、貸漫画屋は大衆に認知されない作家さん達のレビューの場だったそうです。
その方が言うには電子書籍もまた、大手の出版社に相手されない方が自分たちの思いを伝えるレビューの場、伝言板として電子書籍はあるべきではないかと話してくれました。
急に、私の中で電子書籍に対する目の見方が変わりました。

セカンドライフという言葉が流行りつつありますが、第二の人生を電子作家として生きる方が今後増えてくるかもしれません。
同時にそう言った方を相手にサービスを提供する商い人、悪い人などが出てくれば、それをきっかけに若者との交流が深まる時代になると感じます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さようなら、紙の本。:

« 恐るべし。エバレット・ブラウン | トップページ | 仙道オペラの不思議な世界 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31