交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 寺島実郎『世界を知る力』を読んで | トップページ | 杉山宮子さん追想 »

2010年10月30日 (土)

「平和ボケ」で何が悪い!ふたたび

昨日で、三鷹の勤務が終わり、11月から勤務先が大塚に戻る。

往復4時間の通勤地獄に体力を奪われ、休息もとれず、働き続けた結果、風邪をこじらせて、ひと月半も病気に苦しんだ。

体から離れた心がやっと戻ってきて、ものを考える余裕が出来た。

目の前のスピーカーからマイルスの「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」が流れている。

好きだなあ。この頃のマイルスの音。

この後、どんどんマイルスは大物になってゆくけど、1960年代に入ると、ビートルズやボブ・ディランが現れ、ロックが時代の最先端を走り、時代をリードするようになる。

この頃は、ジャズが一番かっこよかった。

なんだか、そんな勢いを感じるのだ。

お茶の水駅を降りると、街角でジャズのストリートライブをやっている。

癒し系とでもいうのだろうか、リリカルなサックスの音色に、道行く人々が立ち止まり、聞き惚れている。

名もないミュージシャンでも、上手になったななんて思うけど、そこには時代の最先端を疾走する音楽の勢いはない。

まして、いま、日本でロックなんて呼ばれている音楽なんて、全然スリリングじゃないから、ロックなんてオレは呼べないね。

ああいうのを昔はグループサウンズって呼んだんだ。

1960年代になると、ケネディが暗殺され、ビートルズが現れて、世界中で文化革命が起きて、一年一年時代が大きく変わっていった。

そんな時代を見てしまっているから、今は刺激のない、退屈な世の中だなあって思う。

でもね。

そんな世の中に乗じて、平和に暮らす庶民を「平和ボケ」なんて言って、戦争をやりたがる「戦争ボケ」のオヤジやおばさんたちがいる。

自分は安全な場所にいて、死ぬのは自分の息子たちではなく、どこか、見知らぬ家庭の貧乏な若者たちだから、安易にそういうコトを言う。

昨今の週刊誌の見るに堪えない見出しを見て、つくづくそう思う。

1960年代のラヴ&ピースとかって、どこか嘘っぽく思え、命がけで火炎瓶や投石に立ち向かった警察官の息子としては、日本の全共闘運動なんて大嫌いで、一生好きになれないが、ベトナムで戦争していたアメリカ人の反戦運動は真剣だったんだろうな。

保守派が勢いを増しているアメリカと、よろよろした日本と、調子づいている中国と、世界はこれからどうなってゆくのかわからないが、戦争をあおるような言論だけは絶対に許せない。

戦争で得をするのは「死の商人」だけだ。

「死の商人」を喜ばせてはいけない。

新聞をみるたびに、そんなことばかり、思う昨今である。

« 寺島実郎『世界を知る力』を読んで | トップページ | 杉山宮子さん追想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「平和ボケ」で何が悪い!ふたたび:

« 寺島実郎『世界を知る力』を読んで | トップページ | 杉山宮子さん追想 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31