交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 風呂敷の魅力を再発見した | トップページ | 佐原で暮らす »

2010年8月29日 (日)

よき伝統とリ・デザイン

外神田の錬成中学校が廃校になり、校舎を改装して3331 ARTS CHIYODAというスペースになったというので、行ってきた。

中に入る前に、昼食にしようと思い、ふと横をみたら「小体な」料理店がある。

小田健人が「この店は花ぶさと言って、池波正太郎が足繁く通った店だ」と教えてくれたので、入ってみることになり、ちょっと贅沢な千円のランチになった。

ちょっと贅沢、と書いたけど、この千円はものすごくお値打ち価格です。

裏通りに面した和風の料理屋を表現するのに、よく「小体な」って形容するけど、

まさにその言葉はこの店の為にあるんじゃないか。

KING OF 「小体な店」

扉を開けて、左手のカウンターに目をやると、佐分利信と中村伸郎と北竜二が飲んでいそうなイメージ。

小鉢やデザートのお汁粉まで、出てきた料理の一つ一つに職人さんの技術が生きている。

有名な店だと、たまに接客のひどい店があるが、洗練されたこの店の接客は、とても感じがよくて、何度でも訪れたくなる。

よき伝統だけが作り出すことの出来る上質な空間になっている。

で、肝心の3331 ARTS CHIYODAだけど、若いクリエーターたちがやりたいことを千代田区が支援しているわけで、悪かろうはずがない。

入場無料というのもうれしい。

現代アートっぽいのは、どうも理解不能だったけど、一番面白かったのは、多摩美術大学が福島県の三島町という自治体と組んでやっている「桐の魅力を引き出すプロダクト」という作品群。

ぼくは「桐傘」(日傘)がよかったなあ。

もし実売したら価格はいくらになるのか疑問だけど、浴衣を着て、あんな傘を持って歩いたら、暑苦しい夏のお出かけも、少しは楽しくなりそう。

国内の古くからある産業を新しい感覚でリ・デザインして、その魅力を気づかせてあげる。

いまの日本に一番必要なのは、中国に対抗して大量生産することではなく、国内にそういう形の経済活動を作ってゆくことだと思う。

これから若いデザイナーたちの仕事を注目してゆきたい。

« 風呂敷の魅力を再発見した | トップページ | 佐原で暮らす »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よき伝統とリ・デザイン:

« 風呂敷の魅力を再発見した | トップページ | 佐原で暮らす »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31