交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 流山旧市街に見世蔵が甦った | トップページ | 歳のとり方にもいろいろありまして。 »

2010年8月13日 (金)

「運河塾」のお知らせ

新保國弘さんが力を注いでいる「運河塾」のお知らせです。

これは安政4年に描かれた歌川広重「名所江戸百景」の「箕輪金杉三河しま」という浮世絵です。

幕末の頃、東日暮里、三ノ輪界隈はこんな風景だったんですね。

(本作品は無料素材サイトのソルマーレさんからの借用です)

江戸時代に造詣の深い新保さんが、長年追い求めてきたのは、ひょっとするとこんなイメージの風景なのかもしれません。

3月にはこんな講演もありました。

新保國弘さんの講演を聴いて

着々と、自分の夢を実現してゆく新保さんの企画力と実行力には驚嘆します。

こんな素晴らしい人を知っただけでも、東葛飾に戻ってきてよかったと思います。

野田のコウノトリの事業については、確か数日前の朝日新聞にも載ってました。

ご興味がある方は是非どうぞ。

第22回運河塾 「野田から首都圏への提案 -全国へ広げよう自然との共生-」

日時:8月21日(土)開場13時、開会13時30分、閉会16時分

会場:野田市役所 8階ホール(東武野田線「愛宕駅」下車15分

次第:13:30 開会挨拶

    13:40 講演 根本崇 野田市長(60分)

           「江川から始まった自然再生・夢・コウノトリ」

    14:40 休憩(10分)

    14:50 パネルディスカッション「利根運河と南野田をどう活かすか」

                根本 崇   野田市長

                下津谷達男 野田地方史懇話会・会長

                石山啓二郎 野田自然保護連合会・会長

                田中 利勝 利根運河の生態系を守る会・代表

      コーディネーター  新保 國弘 東葛自然と文化研究所・所長

   16:30 終了

資料代:300円(当日受付、申込不要)

主催:利根運河の生態系を守る会

共催:野田自然保護連合会

後援:野田市

協力:国土交通省江戸川河川事務所、(株)野田自然共生ファーム

    江戸川の自然環境を考える会

« 流山旧市街に見世蔵が甦った | トップページ | 歳のとり方にもいろいろありまして。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「運河塾」のお知らせ:

« 流山旧市街に見世蔵が甦った | トップページ | 歳のとり方にもいろいろありまして。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31